いつも思うLB

出遅れLファンの雑記帳です。Bも一緒に愛しています。最初にカテゴリーの「ごあいさつ」をご覧下さい。
Posted by 若子   0 comments

リハビリ

よそのLブログさんで起きたある揉め事。ちょっと冷や冷やしたけど、いい形に落ちついて、傷ついた人たちも戻って来てくれました。良かったなぁ。
また書き込みを始めた人が「リハビリ中」と表現していたのを見て、昔の経験を思い出しました。

中居くんが右手中指を骨折した時のこと。
リハビリが大変だろうなと思って、病院で見たことや自分の経験を織り交ぜて、あるファンサイトの掲示板に書き込みました。
そしたら、「ファンの不安を煽るだけだし、病気自慢のようだ」というレスがついたんです。
これには驚きました。病気自慢。初めて聞いた言葉でした。
そして、本当にショックでした。
こんな書き方が出来るものなんだ。こういう書き方が出来る人がいるんだ。
その掲示板からは一気に気持ちが遠のいて、今は殆ど見に行かなくなりました。

あの時、ファンは確かにとても動揺していて、余計な情報は要らないと思った人も多かったのかもしれません。私の書き込みは、そういう人たちの気持ちを逆撫でしたのでしょう。
でも、だからって「病気自慢」はあまりに意地の悪い表現じゃない? そんな気持ちはなかなか消えませんでした。
しばらくしてから、やっと考えることが出来るようになりました。どう書かれれば、私は素直に反省できたのかな、って。
逆の立場だったら、私はどう書いたのでしょう。

自分の言葉は、人に届いてこそ意味を成す。だから、どうせ言うなら相手がちゃんと受け取ってくれる表現をするべきなんだ。
言いたいことだけ言うならそれはただの独り言。独り言は基本的に、人に聞かせる言葉じゃない。

「その表現で本当にいいの?」
あの日胸に鋭く突き刺さった痛みは今も、事あるごとに私の耳元で囁きます。

楽しくない思い出話ですみませんでした。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する