いつも思うLB

出遅れLファンの雑記帳です。Bも一緒に愛しています。最初にカテゴリーの「ごあいさつ」をご覧下さい。
Posted by 若子   2 comments

諦めきれない

「DEATH NOTE」を読むたび、いやむしろ原作よりも、ファンの書いた話を読むたび、Lと月の二人がもっと早く出会えていればと、やりきれない気持ちになる。
Lと月が組んで行動出来たなら、どんなに良かったか。そんな思いの溢れる物語を読んだ時はいつも。

月より少し頭が良くて、いくぶん性質(たち)の悪い人物がノートを拾って、一連の事件が始まって、Lが日本に来て、父親の力になりたいと考えている月と出会ったなら、最高、最強の親友同士になれたはずだ。
いくらLが世界の切り札と言われていても、「死神の使うノート」なんて代物を手にした殺人犯に、実質たった一人で立ち向かうなんて、あまりに不利だよ。
本当に、Lと月が肩を並べてキラ事件に立ち向かえていたら。

悔しい。
結果的には、宝石のような二つの存在を共に失っただけじゃないか。

いろんなサイトさんの「こうあって欲しかったデスノ」「こうだったかもしれないデスノ」「もう一つのデスノ」。
なぜそれじゃいけなかったんだろう。
13巻で、原作者が言っていた。「(選択肢の一つでしかなかったLの死を)涙ながらに決定した」って。
なんだったの。その理由。彼を勝たせなかった理由は。
聞きたいよ。

Comment

セナ says... ""
若子さん、こんにちは。お久しぶりです。インフルエンザが早くもはやっていますが、お元気ですか? 私は元気ですe-454
若子さんのご意見に賛成です! Lが月君と組んでキラを追い詰めれて行っているそんな夢の様な日々があれば、月君がキラでなかったら、二人は本当の友達になれたのに、またテニスが出来たかもしれないのに、月君の妹の粧裕ちゃんだって誘拐のショックで感情(言葉)を失う事もなかつたのに、デスノートを拾うまでは、月君は本当に純粋に悪を憎んで、将来は警察官になる憧れを持っていて、妹思いでいい子だったと想うんです。デスノートが全てを狂わせた様にしか思えません!! ただ面白がっていたリュークが一番許せないです!! Lの死は選択肢の一つに過ぎないのなら、何故数ある選択肢の中からとても悲しい選択肢が選ばれたのか、あまりにもやるせないです!!
原作者の方に「Lを、ワタリさんを返して!!」・・・て、叫びたいくらいですe-259
2007.11.29 11:59 | URL | #G7SQ0JU2 [edit]
若子 says... ""
セナさん、こんばんは。いらっしゃいませ。このお名前では初めましてですねv-411
コメントありがとうございます。お元気そうで何よりです。

セナさんの気持ち、よく分かりますよ。ええ。本当にv-406
私は爽快感のある話が好きなんです。ああ、読んで良かった、と思える話。
でも、あくまで個人的な印象なんですけど、デスノートは、私にとってはそうじゃなかった。いくつもの無念さが残った物語でした。
もちろん、好きな部分もたくさんありますが。
Lが死なない流れを選んでも、面白い話に仕上げることは可能だったはず。
あれほど魅力的だったキャラクターを捨てた末のストーリーは、その甲斐ある内容に仕上がっていたでしょうか。

私は時々、原作者に文句を言いたくなります(笑)。
何万といる(ホントか?^^;)Lファンを、よくまあこんなに傷つけ悲しませて下さいましたね、って。
自分の生んだキャラクターを自由に動かして楽しめる作者は、ある意味「神」です。
私には、あの人こそ、もっともリュークに近い立場にあった人だと思えてならないのですよ。
死神は人とは違う価値観の持ち主だろうから、彼を責めてもしょうがない。
でも原作者は、私たちと同じ人間ですからね。
故に私の「コンチクショー」な気持ちは、原作者に向かってしまうわけですよ^^;。

セナさん、ここでいくらでも嘆いてかまいませんからね。
いつでも泣きに来て下さい。
待ってますよ。
2007.11.29 20:41 | URL | #sZs0QYOw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する