いつも思うLB

出遅れLファンの雑記帳です。Bも一緒に愛しています。最初にカテゴリーの「ごあいさつ」をご覧下さい。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

総合力のある変人

昨日見たNHKの「熱血天才アカデミー」。ダーウィンの進化論を取り上げていて、おもしろかったです。
進化というと、「より優れたものに変わって行く」ような気がしてしまうけど、そんな単純なことじゃありませんでした。
なぜこんなにいろんな種類の生き物がいるのか。それを突き詰めて考えた末に彼は、一つの生命から、このすさまじいまでの種類に辿り着いた生物の道のりを解き明かしていったんですね。
いいところばかりを集めることだけを進化と言うわけじゃないんです。
ここで生きるために、他の場所では必要な能力をも殺ぎ落として行くことだって、広い意味では進化なんだ……。

番組の中で、「種の多様性」という言葉が出てきました。
いろんな生き物が、いろんな場所で、いろんな生き方をしている。そういう生き方を選べる、自然の懐の深さ大きさが失われることのないようにと思います。
失われるとしたら、その原因を作るのは間違いなく私たち人間だと思うから。

司会の一人が南原清隆さん……って書くと何だか戦国武将みたい(笑)。LチェンでFBI捜査官を演じていたナンチャンです。その人が最後にこう言ってました。
「総合力のある変人たれ!」
私の脳裏に浮かんだのは、はいそのとおり、Lでした。

ワイミーズの子供たちも、Lを目指したんじゃなく、自分の才能を伸ばして、自分らしく生きる道を選ぶ機会を与えられていたんじゃないでしょうか。
Lの後継者候補以外は落ちこぼれとして扱うような、そんな考え方で運営されていた場所だとは思いたくありません。
思いませんとも。
だって、あのLを最後まで誠実に補佐し続けた、あのワタリが作った施設なんですから。

ワイミーズハウス。
きっと、小さな地球のような自由な場所だと、私は信じています。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lawliet1979.blog123.fc2.com/tb.php/244-31799730