いつも思うLB

出遅れLファンの雑記帳です。Bも一緒に愛しています。最初にカテゴリーの「ごあいさつ」をご覧下さい。
Posted by 若子   6 comments   0 trackback

「私も悪人です」と言ったあの人

中居ブログの方で、防犯カメラの映像公開について書きました。
「映像・後悔」
公開に全面的に反対なわけではないんです。ただ、その結果を思うとね……。
よそでも、なかなか過激な意見をけっこう読んだので、よけいにいろいろ考えてしまいました。
チューリップを薙ぎ払ったことをきちんと反省して、金銭面でも負担して、二度と繰り返さなければ赦されるレベルの行為だと思うんだけど……。
世間には、ものすごく大勢のキラが潜んでいるらしいなぁと痛感しましたよ。

私は、Lのやり方、考え方を全面的に支持します。
今さらだけど^^;再認識。

Comment

秋美 says... "残念ながらキラは私にも誰の中にもいると思う"
 ほんの少しでも正義感があれば・・・
 日常の中で見聞きするニュースにキラ的な言葉を口走ることは多々ある気がする。
キラの思想が悪ではなくて行為が悪だったんだと思う。まぁ月は早々に「目的と手段」をとっちらかしてたし・・・

 誰かがやらなねばならないことを、やらなければならない立場にあり続けた人。
 Lの行為は「割り切る」かどうか、だったと思います。
 彼が何も感じていなかったわけがない。
 たくさんのものをあきらめてきたでしょう。
 そもそも望むことも知らずに生きていたのでしょうか・・・

 あの物語の中では、彼の行為だけを見て、彼を理解できないボンクラ揃いでしたが、彼を深く温かく想い続けるファン達がいるかぎり、きっと報われますよね。



 浅っいファンのくせに生意気なことを言ってしまいましたv-356
2008.04.25 18:14 | URL | #- [edit]
若子 says... ""
こんばんは、秋美さん。
キラ的な部分って確かに誰にでもあるでしょうね。それが度を越したら危険なわけで。

中居くんの「砂の器」を見た時、ものすごくいろんなことを考えて、殺人は悪だけど、でも!……って頭抱えて泣きながら煩悶したっけなぁ……。

Lも月も、正義を自負してたけど、最後は司法に委ねるLと、自分の価値観で断罪する月は、根っこのところで正反対を向いてるような気がします。
某掲示板の、あなたはL派かキラ派か、ってスレッドで、キラ派の多さに唖然としたことがあるんですよ。
みんな、殺人手段がノートだって部分で、目が曇ってる感じでした。

ボンクラ……あああ、いけない、捜査本部の連中への怒りがまた……!^^;
2008.04.26 01:39 | URL | #sZs0QYOw [edit]
秋美 says... "お返事ありがとうございます"
「砂の器」・・・あの和賀さんの横顔を見ながら、あぁ、法律というのは、こういう人を救うためにあるのかもしれない、と思ったりしました。
「罪」に対して「罰」を与えるのは「許す」ためなのか、と。むかーし読んだウロ覚えの旧約聖書カインとアベル(だっけ)、これの意味がやっと解かった気がして。(遅すぎ)

「法=正義」でなくてはなりません。
一部の偏った思想や利益のためにあってはならない。
では「正義」とは・・・まっとうな精神、強い信念、そして優しさ。

答えは「L」の中にありました。

ハマる縁とは不思議なもので、めぐりめぐって、ストンと腑におちる瞬間がやってくる。おもしろいなぁ~と思います。


と、おバカな超個人的な考察でした^^;












2008.04.26 07:19 | URL | #- [edit]
若子 says... "感動した……!"
>法律というのは、こういう人を救うためにあるのかもしれない

救う……!
罰するのではなく、救うため、そして赦すため……。
深い! 深いです秋美さん!(涙)

答えは「L」の中にあった……。
ああもーほんと一緒に語りましょうよLや和賀さんのこと!

Lのそばにいたのが、杓子定規な連中じゃなく、今西刑事だったら。
Lはあんなことにならなかったと思う。

悔しいなぁ……!(また暫し泣く私)
2008.04.27 15:24 | URL | #sZs0QYOw [edit]
秋美 says... "ありがとうございます"
 毎回、的外れな事を言ってやしないかとヒヤヒヤしている小心者です^^;


捜査本部の中に今西刑事がいたら...
きっとLは懐いたでしょうね~
和賀さんをあそこまで理解してくれた人ですもの、Lを理解し、迷う時は助言や励ましもしてくれたでしょう・・・よそ者扱いせずにね。
決してLの足を引っ張ることもなく。

だーっ、なんか考えてたら本当に悔しくなってきましたよっ



2008.05.01 23:14 | URL | #- [edit]
若子 says... "とても書けない"
私が捜査本部の連中について思っていること。
とても文には出来ません……^^;。
彼らをお好きな方々もいらっしゃるしねぇ……。

人間だから、ミスをしたり、冷静さを欠いたり、好き嫌いが表に出ることもあるとは思うんですよ。
でもその結果失ったものの大きさを、あの連中は本当に理解していただろうか?
遅きに失したとはいえ、反省して教訓として次に活かすという姿勢を見せてくれただろうか?
「彼」への敬意は、惜別の思いは、少しでも胸の中に残ったのだろうか?

こうして考えてみると、捜査本部と言うよりは、そう行った描写を入れようとしなかった原作者への不満ってことになるのかもしれませんね^^;。

今西さんが捜査本部にいたら。
多分もっと早く、月を疑わしく感じたんじゃないかと思います。
そして誰よりも強くLを支えてくれたことでしょう(ワタリは別格^^;)。
つーか、Lと動くのって今西さんとワタリだけで良かったんじゃないの(笑)。
2008.05.02 23:04 | URL | #sZs0QYOw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lawliet1979.blog123.fc2.com/tb.php/231-1b2a5edd