いつも思うLB

出遅れLファンの雑記帳です。Bも一緒に愛しています。最初にカテゴリーの「ごあいさつ」をご覧下さい。
Posted by 若子   2 comments   0 trackback

また、ネタが出来ました

日本ではどこでも無関係ではいられませんが、私の住むここでも、近いうちに大きな地震が来ると言われています。
で、思ったんです。
キラ事件の捜査のためにLが建てたビルは当然免震構造になっているでしょうが、L本人は大きめな地震に遭遇したことがあるんでしょうか。
地面が動くあの衝撃、高いビルの上階で増幅される揺れの恐怖は、頭の中だけでの理解は難しいのじゃないかと思います。
たとえば大学で月と一緒の時に、震度4くらいの地震が起きたら、L……いや流河くんはどんな反応をしたでしょうね。驚きすぎてものすごく冷静な口調になるかな。
もし、例のデスノ内でもっとも男を見る目のある女性・京子さんや他の学生たちと一緒なら、逆に普通に驚きをあらわにして「これが地震というものですか!」とか口走って、こいつどういう育ちなんだ……とみんなに唖然とされるかも(笑)。

ここまで妄想に浸って、ふと違う反応が浮かびました。

講義中にドカンと大きな地震が起きて、ちょっと長く続いた揺れに学生たちも悲鳴を上げたりしますが、やがて揺れもおさまったところで、月は少し離れた席に座っていたはずの流河くんの姿がないことに気づきます。
「流河!? おい、どこに……」
言いかけた月はすぐ、机の下にもぐっている流河くんを発見。
「おまえ……素早いな」
月は苦笑しますが、流河くんは机の下から出て来ません。ちょっと可愛くさえ見えるその様子に、周囲の学生たちもクスクス笑っています。
「何してるんだ。もう揺れは止まったよ」
「……揺れ?」
「そんな大きな地震じゃない。これくらいなら余震の心配もないだろう」
「地震? 今のが地震ですか!?」
ごそごそ這い出してくる流河くん。
「ああ。……っておまえ、何だと思ったんだ?」
「近くで爆弾テロでも起きたのかと思いましたよ。そうですね、ここは日本でしたね。驚きました。これが地震ですか。こんなに揺れるものなんですか。最初の一撃はまるで迫撃砲のようでしたね。日本が地震国だということは知っていましたが……」
ぶつぶつとしゃべり続ける彼を前に、月や他の学生たちは改めて「こいつ今までどういう暮らしを……」と愕然とするのでした。

なんてね(笑)。

昔ハリウッドに泊まった時、大晦日の晩には銃の乱射がよくあるから窓に近づかないように、とホテルのスタッフから言われまして、確かにそのとおりでして、しばらくは似たような音を聞くとビクっとなってしまいました。
私の脳内のLは、けっこうな修羅場をくぐっていることになってますので、こんな妄想が生まれたりすることもあるのでございます。
少々殺伐とした設定ですみませんでした^^;。

Comment

りうる says... "なるほど~"
確かに日本人にはあたりまえだのクラッカー(古!)の地震ですが、Lにとっては「迫撃砲」の方が身近なのかもしれませんね。流河くんの大学生活のステキなひとこま、ありがとうございます。癒されました~♪
そういえばDS「螺旋の罠」に地震(のようなもの?)が出てきますが、考えてみれば治安の良くない国にあるかもしれないホテル(のようなもの?)が舞台だから地震よりも敵からの攻撃?と考える方が自然なのかもしれませんね。Lは地震としか考えてませんが…。
まあDS内のLはとっても日本人度?が高いですからね~。この時期は花粉症について語ってますし…。その他「お彼岸」とか「ホワイトデー」とか…そのうち時期が来れば「勤労感謝の日」についても語るみたいですし…ほとんど100%純粋な日本人かも…?

アメリカは私もチラッとだけ行ったことありますが、夜になるとかなり物騒な音が聞こえてきますよね~。日本とは違うな~と思いましたよ。
2008.03.24 23:56 | URL | #Dy5k.w66 [edit]
若子 says... ""
こんばんは、りうるさん。あたり前田のクラッカー……懐かしすぎます!(笑)

昔、カナダから来たという英会話の先生が、日本で地震を経験して凄く驚いた、と言っていたのが印象に残ってます。
そう言えばアメリカも、西海岸の方では地震が時々起きるけど、ニューヨークの方ではあまり聞かないような……。
いろいろ想像すると、あちこち行ったことのありそうなLより、ニアあたりの方が地震に仰天しそうな気もしますが^^;。
あ、これも面白そう。
せっかくのLタワーが地震で大崩壊して、しばらく立ち直れないニアに、「そもそもこんな地震の多い土地でトランプタワーを作ろうなんて思い立つのが間違いです」なんて言っちゃうリドナー(笑)。
つか、ニアって今どこにいるんでしょう……。

勤労感謝の日について語るL(笑)。あなたこそ世界中の警察関係者から感謝されるべき存在だわ。
ワタリの誕生日とか自分の誕生日には、Lはどんな話をしてくれるんでしょう。楽しみですね~^^。
2008.03.25 22:15 | URL | #sZs0QYOw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lawliet1979.blog123.fc2.com/tb.php/197-d6cca1a6