いつも思うLB

出遅れLファンの雑記帳です。Bも一緒に愛しています。最初にカテゴリーの「ごあいさつ」をご覧下さい。
Posted by 若子   4 comments

あれは映画のLなんだよ

勘違いしちゃいけない。
ビジュアルブックの中の、マンガのパート。
原作コンビが参加してるから紛らわしい。
でもあれは、断言する。
映画のLの過去だ。松山Lの過去だよ。
原作じゃない。

「映画」のビジュアルブックに、どうして「原作L」が登場する必要がある?
ワタリの日記だって、映画の設定だったじゃないか。
マンガだけ原作のLになるはずがない。
そんな構成はおかしい。

期待のあまり、私も勘違いしていた。
だからもう一度書く。

あれは原作Lの過去じゃない。

間違えるな。見誤るな。揺らぐな。原作Lのファン。

Comment

ナコ says... ""
若子さんお久しぶりです^^

あぁやっぱりそうなんですね・・・多分そうゆうことなんだろうな~って思ってました。 だからどうも今ひとつビジュアルブックを手にしたい気持ちになれなくて・・・ 映画のLを思わせるLなら、私が会いたいLじゃないのでかえって悲しい気分になっちゃうのかな~なんて・・・ 私がど~しても会いたいのは、若子さんもきっとそうだと思いますが、原作1~13巻までに存在するL、あの時の彼だけなので・・・

もうすぐ映画が公開だというのに全くテンションが上がらないんです・・・
スピンオフ関連商品も何1つ手にしてないし・・・ なんというか、世間が盛り上がって映画のLを称えれば称えるほど切なくなっちゃうんです。原作Lに会いたくなっちゃうんです。 

Lに会いたいですよね、若子さ~ん!!! (TAT) 
2008.01.27 01:48 | URL | #pCwXH1RY [edit]
リラ says... "横レスですいません。"
横レスです。
ナコちゃんも同じ気持ちで嬉しいよ・・。
1~13巻のLが好き。それ以外のLはLぢゃない。
もう自分たちの心の中に生きてるLを守るしかないのかな。って
思います。原作2人がこういうことをしたならもう・・・。
淋しい、切ない、裏切りにすら感じてしまう。
2008.01.27 01:53 | URL | #- [edit]
りうる says... "そうですよね"
ここのところのLグッズはすべてL映画関連のものと考えた方がいいのでしょうね…。そこに登場するのは映画のLであって原作のLではない、と。

しかしLファンへのサービスなのかもしれませんが(もちろん経済効果?とゆうものも多分にあるでしょうが)、小説やら写真集やら漫画やら出まくりで…そうなると原作Lファンとしてはそこに原作の面影を見出せるかと期待してしまいますよね。そしてその度に期待を裏切られて凹む…の繰り返しでは、むしろ何も無いときよりも寂しく悲しい思いをしてしまいます…。しかも最後は原作者にまで…とは。(いや私は読んでませんがLファンサイト様にあがっている感想などを読んでも、ムム?ときますからね~)
もちろんこれらに満足して癒されているLファンの方も大勢いらっしゃるでしょうし、それはそれで大いにヨロシイのですが。
でもどうしても受け入れられなくて悲しい思いをしているLファンの方々が可哀想で…。(T_T)

思うに私の場合、原作のLが好き!とは言っても実は原作LからイメージしたL像を自分の心の中に作り上げて、そのLを愛しているような気がします。そしてそのLは私だけのもので、たとえ原作者であろうとも好き勝手に出来るものではありません。(^_^メ)
もしもこの先どんなLが現れようとも、受け入れられれば受け入れて大いに楽しみ、出来なければ出来ないままにしておこうかと思います。たとえそれが原作者の手によるものであっても同じことです。

やはり本当のLは漫画「デスノート」の中だけに生きている…。そして連載が終了した時点で原作者の手を離れ、今後彼が変えられてしまうことは決してないのだ、と思います。

とか何とか、原作者へのウラミツラミっぽくなってしまいました~。
まあ、小畑先生の絵は見たいし興味はあるんですがね…でも内容がね…。(^_^;)

とダラダラと長文失礼いたしました~。
2008.01.27 18:54 | URL | #Dy5k.w66 [edit]
若子 says... ""
ナコさん>
おひさー!って言っただけで原作Lを思い出す……。
試写会から帰って来ての涙で、何だか気持ちが固まった感じがしてます。
私(たち)が会いたいのは、原作の彼だけなんだって。
ビジュアルブックを見てもね、私ほとんど萌えなかったの^^;。
それはびっくりするほどにね。
どんどん「ああ、別人なんだ」っていう確信の方が強くなっていった。
ただ、不思議と白黒の写真には惹かれました。カラフルな小道具に惑わされずに彼と向かい合えるって感じがして。
むしろ、映画を見て良かったです。映画のLに関しては吹っ切れました(笑)。
そしてあと4回見なければならないワタシ^^;。

リラさん>
大丈夫だよ、原作と同じ人が絵を描いてるだけで、あれ映画のLだから。
ワタリの日記だって映画版だったから!
原作Lと関係なし!(笑)

りうるさん>
そう。私、勘違いしてました。あれは映画のための本なんだものね。
それを忘れてついうっかり期待した私が、むしろ間違っていたんですきっと。
原作を守ろうという気持ちを持った上での変化(どうしても絵柄が変わっていってしまうようなこととか)なら、受け入れられるんですけどね。
13巻の4コママンガなんか、好きだった……^^;。
考えてみたら私も、自分なりのLを作ってしまっているところがあります。ここで書いてる「私的『L』像」とか、完全にそうだもんな。あの手の考察は、たとえ原作者から「違う」って言われても、私の中からは消えないと思います。
だから、りうるさんの仰ること、胸にすとんと落ち着きました^^。

ビジュアルブックのマンガはもう、いっそ読んで笑っちゃいましょう^^;。
2008.01.27 21:37 | URL | #sZs0QYOw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する