いつも思うLB

出遅れLファンの雑記帳です。Bも一緒に愛しています。最初にカテゴリーの「ごあいさつ」をご覧下さい。
Posted by 若子   0 comments

振り返りたくなるとき

私の一番年季の入った趣味。それは物語を考えることです。昔はよく同人仲間たちと、作品の内容や組み立て方について語り合いました。
物語が先に出来上がるという人も何人かいたんですが、私はどうやら始めに人ありきというタイプらしく、キャラクターに感情移入が出来ないと話が作れません。だからそのキャラクターがどういう人物かを、かなり念入りに考えます。
どんな家族がいるのか。あるいはいないのか。どんなふうに育って、どんな友人がいて、どんな経験を積んで、どんな考え方をするようになったか。可能な限り掘り下げたくなります。
だってねぇ。それまでの経験が人を作ると思うんですよ。
だから、Lのバックグラウンドを考えていないと仰った、あの原作者のお言葉が私にはとても信じられません。
今まで目にしてきたプロの作家さんたちの、自作のキャラクターとの向き合い方は、私のやり方に近いもん。……いや、私「が」近いんだね、嬉しいことに^^;。

どんな人生だったんだろう。
何一つ残さずに。
ニア、あなたなら時々思い出してくれるよね。

誰かの夢を見るのは、その誰かが私のことを考えているからだ。
昔の日本人は、そう考えたのだそうです。
だから私は、Lの夢が見たい。
彼を思い出すのは、彼が忘れて欲しくないと望んでいるからだと、そう思いたい。

毎日、いろんな人のことを考えます。
その人たちの夢の中に、私は現れているでしょうか(笑)。

L。
あなたの眠りの中は、あなたを愛する人たちの訪れで、さぞ賑やかなことでしょうね。
明日は私の誕生日です。
あなたからおめでとうと言ってもらえたら、嬉しいだろうな。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する