いつも思うLB

出遅れLファンの雑記帳です。Bも一緒に愛しています。最初にカテゴリーの「ごあいさつ」をご覧下さい。
Posted by 若子   2 comments

急速冷凍

すぐカッとなる性格のこと、瞬間湯沸かし器なんて言ったりするじゃないですか。
その逆だとタイトルみたいな表現かな、って。
年明けからこんなこと書いてんのもどーかと思うんだけど……。
 
  
実写版L好きの某サイトさんで見かけた一文で、気持ちがドスンと落ちました^^;。
原作Lを描かれる○畑先生の絵が松山Lに近くなった、って。
ああ、実写ファンはそんなふうに感じるんだな。
私は、小説は実写版の宣伝のようなものだから、イラストは敢えて実写版に似せてるんだと思ってるんですけどね。

すみません。いやな書き方してるよなぁ。
でも、でもね、けなそうとか、そういうつもりじゃないんです。
ただただ、やりきれないんですよ。
あの映画が、「原作Lが辿りつきたかったであろう結末をきちんと生き抜いてくれる」ってことになるの?

現実の事件でもそうだけど、犯人を捕まえてただ罰すればいいってわけじゃない。犯人が、自分の罪の重さに気づいて、心から悔いて謝罪の気持ちを抱かせることこそが何より重要なはず。
犯した罪があまりにも残忍、凶悪だった場合は、たとえどんなに悔い改めたとしても、赦されることはないのだと、その厳しい現実をつきつけられながら、自分の命と引き換えに罪を償うことにもなります。

キラは、原作でも映画でも、反省なんかしていなかった。
殺されたFBIや南空ナオミや、他にいろんな形で巻き添えを食って殺された人たちの遺族が、キラがあんな死に方をしたからって、気持ちが安らぎますか?
私が遺族の一人だったら、キラが「自分のやり方は間違っていた」って心から思うことが最低条件ですよ。
全部間違っていたとは言わなくてもいい。せめて、違うやり方があったかもしれないと項垂れてくれるだけでも。

キラを、あのキラをそこまで連れて行くことの出来る人間がいるとしたら、それはきっとLだけだったはずだ。
決して自分の命を諦めたりしない、原作の。

レムの馬鹿野郎!
私はおまえが一番嫌いだ!
人の寿命を食らう死神のくせに、おまえがミサなんかに肩入れしなければ、Lは必ず真相に辿り着けたんだ!
おまえがリュークみたいに人間のやることを面白がって見ているだけの死神だったら、Lは死なずに済んだんだ!
おまえさえいなければ、Lは今も生きていたんだ!!

ああ、悔しい。本当に悔しい。

Lは勝つつもりだったはずです。自分の命を諦めたりしないで、必ず証拠を見つけてキラに突きつけて、自分だけの価値観による「裁き」という名の大量殺人をやめさせて、また次の事件に立ち向かうつもりだったはずです。

実写版が一つの世界としてまとまるのは、それはそれでいい。
だけど私には、あれが原作Lの望んだ結論だとは思えません。実写版と原作を一括りにしては、物語の構成自体も捻れてしまいます。
実写版Lを愛する方々の気持ちを否定するつもりなぞ、まったくありません。
でも、原作とは一緒にしたくない。切り離して考えたいんです。

正月早々、こんなところで愚痴ってすみません。

ねえL。
あなたは生きるつもりだったよね。
私は、そう信じてる。

Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.01.03 23:56 | | # [edit]
若子 says... ""
23:56にコメントを下さったお客さま。「激しい同意」(笑)をありがとうございます^^。
以前からおいで下さっていたのですね。ンもう、もっと早く顔を見せて下さればよかったのにぃ。

Lゲームのジャケットの絵まで「松山Lだ」という声、私も恐らく同じサイトさんで見かけてますね、多分(笑)。
人って、自分の見たいものを見ようとするものですからね。仕方ないかなぁと思いました。マンガ家さんの絵も変わっていくものですし。

長編である原作を、前後編とは言えあの長さにまとめるのでは、原作の味わいをそのまま映像化するのはまず無理です。だから、あらすじのようになるか、重要な場面をピックアップするかのどちらかしかないだろうと思うんですよね。そのやり方なら、原作を踏襲したものだから、出来の良し悪しはともかく、「公式」という言葉を使われても納得出来るんです。
でも、原作の流れから外れたものを「公式」と認めるのは無理です。さくらTVの前で死ぬ人が変更になったり、捜査本部のメンバーに女性が加わる必然性も分かんない。
アマチュアの書いたファンストーリーと言うのかな、同人的サイドストーリーでさえ、もっともっと原作のストーリーやキャラクター設定を大切にしているものが山のようにありますよ。
そして、映画のように原作と違うストーリーであっても、はるかに前向きで希望の持てる物語もね。
「LMN会議中」でしたっけ、有名なデスノコラ。あのシリーズを読んだ時の感動と言ったらもう。

Lの「究極の決断」に関しても、ほんと仰るとおりですよ。
原作Lは、命を懸けることはあっても、命を捨てたり諦めたりなんかしない、と私は信じています。

犯罪者の罪状を勝手に決めて殺して行ったキラと、法律による裁判を経て死刑の判決を受けた人物を、犯罪捜査に協力させたL。それをどちらも同じ「悪」と一括りにすることは私には出来ません。
ヨツバキラの時の夜神親子の主張ときたら……いかん熱くなりそうだ^^;。
いや、でも、この辺のことはいずれ書きますよ。ええ。

えーと、気を取り直して。

「写真」読んで下さったんですね。ありがとうございます! 私は情景描写が苦手なので、映像として見えると仰っていただけるのはとても嬉しいです。また何か書きたくなってきました。うふ。
「Lの子供」の件も……同感だと仰ってくださる方が意外にいらして、ホッとしてます。私、異端児というわけじゃなかったのね~(笑)。これまた書きたくなってきましたよ。ああ、自分が一人じゃ足りないわ^^;。

はっ、私もこんなに書いてしまった。
コメントありがとうございました。良かったらまた遊びにいらして下さいね。いつでも、どんなに長くても大歓迎でございます。
お互い、実り多き一年になるよう頑張りましょう!
ではまた!
2008.01.04 22:46 | URL | #sZs0QYOw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する