いつも思うLB

出遅れLファンの雑記帳です。Bも一緒に愛しています。最初にカテゴリーの「ごあいさつ」をご覧下さい。
Posted by 若子   4 comments   0 trackback

うっとりLフラッシュ

可愛くて可愛くて!
いえね、リンクにある「深夜の珈琲」さまのコンテンツに「えにっき」がございまして、そこの4月29日の日付のところに、可愛らしいLのFLASHがあるんです。
マウスポインタでつつくと気持ちよさそうにしたり片目つぶったりするの!
足を掻いてあげた時の表情ったらもー!
人に見せられない顔でLをつんつんしてます私^^;。
スポンサーサイト



Posted by 若子   0 comments   0 trackback

エルノ〇トだって(笑)

別ブログでも書いてるんですが、最近フリーソフトが面白くていろいろチェックしてるんです。
そしたらその中に、これはシェアウェアでお金が掛かるんですが、その名も「エルノート」というソフトが!
いろんな情報やデータの一括管理が出来るらしく、作者さんのサイトに行ってあれこれ眺めてみました。サイト自体も楽しいんですよ。
こちらが作者さんのサイトです。
コンテンツの一つ「GARAさんのひとり言」も面白かったな^^。
Vectorというソフト紹介サイトにも載っています。「エルノート」

あと、これはちょっと個人的にウけたソフト名。
「びーすけ」と「び~すけSnd」って言うの。
今L友さんたちと遊んでるお話に、びい助って男の子が出てくるもので……^^;。
「びーすけ」は「ブラウザベースのスケジュール帳。グループでの共有も可能」なソフトで、「び~すけSnd」は「2ヶ月分のカレンダーを元にスケジュールを管理するスケジュール帳」ソフトだそうです。
Vectorの、作者さん紹介ページはここ

どうしよう……使ってみようかな、L……いや、エルノート(笑)。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

私が生みたかったと思う瞬間

ここんとこ、L友さんの一人とチャットで暴走しています。
面白くて止まらないんです。
デスノ本編のLたちと、「LABB」のBと、彼ら関連のオリジナルのキャラに、あと、その、自分が昔作ったキャラクターも絡めてしまって。

あくまで個人的な感じ方ですが、パロディはどんなに一生懸命書いても、土台が他人のものだっていう居心地の悪さみたいなものがあるんですね。だからかな、すごく勝手な言いぐさですけど、パロディですてきな話を書かれている人を見ると、「ねえねえ、オリジナルもやってみません?」ってそそのかしたくなってしまうんです^^;。
その一歩手前が、原作物と自分の話の、それぞれのキャラを出会わせて話を作ること。

だってね……、
どんなに原作物のキャラクターが好きだって、大事だと思ったって、もしかしたら原作者より愛していたとしても、原作者がそのキャラの運命を決めてしまったら、こっちは絶対手が出せないんですよ。
まあ、当然ではあるんですけど。

でも、あの無力感ときたら。

人のものを好きになると、時々おそろしく打ちのめされることがありますね……。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

揺れてるみたい^^;

大河ドラマの「篤姫」見てたら最後の方で大地震の描写があって、なんだかまだグラグラしてます……。すんごいバーチャル効果。
日本人なら誰もが知ってる感覚ですからね。
Lがいたのは東京だから、やっぱり何度か地震を経験してると思うなー。

普通のことをやってるLをいろいろ想像します。
車でばかり歩かずに、普通に外に出て、にわか雨に遭ったり、迷子を見つけてどうしたらいいか迷ったり……ああ、でもワタリも一緒なのかなぁ……。
普通の青年Lを見たい……。

地震……うちの地元は近々高い確率で大きなのが来ると言われてるので、本気で対処しなきゃなぁ。

ちょっと用事があるので、今夜はこれで。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

次に作りたいもの

昨日Lロゴバッグ作って思い出しました。
私って、昔はけっこういろんな手芸にトライしたのでした。
ふっとい編み棒を使った編物、シンプルな刺繍やクロスステッチに始まって、木目込み人形みたいな手法で作る立体イラストとか、ボード織りとか、「そめーる」なる染料を使ってハンカチやTシャツにイラスト描いたり、ビーズでアクセサリー作ったり……。
こまごまとした作業がえらく好きなんですよね。

で、今ちょっと気になっているのが「フェルティングニードル」とか「ニードルフェルト」とかの呼び名がある手芸です。
ウールを薄く引き抜いたものを、1本もしくは複数の針……ニードルで生地に刺し込んでいくものなんですが、そう難しくはないようで(難しそうなものには挑戦しないワタシ^^;)、今度はこれでLロゴをと思いまして。

ええ。道具そろえました(笑)。

何か出来たら、画像アップしたいなと思ってます。
その後音沙汰なかったら…………

忘れてやって下さい^^;。
Posted by 若子   10 comments   0 trackback

Lロゴバッグ

こんなの作ってみました。えへへ。

相変わらずボケてます……

写真撮る時ブレちゃった(悲)。
ロゴは手書きです。そばで見るとムラがすごい……。
失敗しても惜しくないように、バッグは100円ショップで買いました(笑)。
でも、ちゃんと7センチくらいのマチが付いてるんですよ。

とは言っても、外で持ち歩くのはちょっと恥ずかしいね……^^;。
今度は小さいロゴで作ってみるつもりです。
Posted by 若子   6 comments   0 trackback

「私も悪人です」と言ったあの人

中居ブログの方で、防犯カメラの映像公開について書きました。
「映像・後悔」
公開に全面的に反対なわけではないんです。ただ、その結果を思うとね……。
よそでも、なかなか過激な意見をけっこう読んだので、よけいにいろいろ考えてしまいました。
チューリップを薙ぎ払ったことをきちんと反省して、金銭面でも負担して、二度と繰り返さなければ赦されるレベルの行為だと思うんだけど……。
世間には、ものすごく大勢のキラが潜んでいるらしいなぁと痛感しましたよ。

私は、Lのやり方、考え方を全面的に支持します。
今さらだけど^^;再認識。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

並木の中にも姿をさがす

出掛けました。お金おろさなきゃならないし、買わなきゃならないものもあったし、ちょっと展示もね。
疲れたあ。

「大ナポレオン展」なるものが開かれていて、割引券をもらったので行ってみたんです。
有名な絵も何点かあって、なかなかだったんですが、一番印象に残ったのがベートーベンのテラコッタの像なのってどーよ^^;。
そして、どうやっても展示品が見づらいところがあったので、監視の女性に要望を出して来ました。私も以前は同じような仕事をしていたので、いろいろ気になっちゃうんですよね……。
会場出口にあったナポレオンのデスマスクの複製を撫で回して帰って来ました。鼻の先端の塗料がはげてた(笑)。

この展覧会の建物、外壁がほぼ全面ガラス張りなんです。そこから見下ろした大通りでは、冬になると「光のページェント」という催しがあります。
「Lを、連れて来たい……」と思っただけで涙ぐんでしまった自分にビックリでした。

家に帰ってからダビング作業をしたら、SMAPの中居くん、吾郎ちゃん、慎吾が出ているチョコのCMが入っていて、慎吾が板チョコをパキンとかじってました。
誰を連想したかは、言うまでもないですね^^。
Posted by 若子   2 comments   0 trackback

竜の角に宿る私

スマ友さんのブログで見たサイトです。「宿を調べる」で自分の宿をチェック出来ます。
宿曜占星術 光晴堂
私は角宿でした。

概要

角宿は東方を守る霊獣青竜の角に当たり、司法、戦争を司る宿といわれています。
十二宮の中では、「女宮」に二足、「秤宮」に二足属しています。思慮深くて堅実、やや粘着質な「女宮」の影響と、バランス感覚と美意識に強い「秤宮」この2つの宮の影響を受ける宿です。
七曜では「水」・水星と「金」・金星の影響を受けています。「水」はコミュニケーションを象微し、知識と言葉を示します。「金」は美を象微し、洗練された品位と創造性を示します。
人体の中では頤に当たります。
星図ではおとめ座或アルファー星に位置し、神話では収穫の女神を表します。
インドの星の名は、「鮮やかな装飾」という意味を持ち、別名「彩画宿」とも呼ばれていました。音楽、歌や舞と深い関わりを持つ宿です。
「財運」・「ビジネス運」上々の宿です。


基本的性格

角宿生まれのあなたは、オシャレ上手なエレガントタイプ。華やかな外見とは裏腹に、永遠に少女の心を失わないピュアーなハートの持ち主です。
緻密で頭の回転が速く、とても器用。楽しいことが大好きで趣味も豊富です。
また社交性がとても高く、年上からは寵愛を受け、年下からは慕われる人気者といえるでしょう。
ただし、派手好きで虚栄心がとても強く、ない袖を振りたがる傾向があります。

何が嬉しいって……
青竜の角……
竜の先っちょってことは「竜崎」ねーなんて勝手に喜んでますよあはは。

でも多分、Lは当たってないと思う……。
アジア圏の生まれじゃないから、とか?^^;
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

想いながら聞く歌

先週のスマスマ、結局見ないまま今日やっとダビング。
宇多田ヒカルの「Prisoner of love」歌ってたんですねー。これ、今月の4日だったかな、ミュージックステーションで聞いて、アナザーノートのBのイメージだと思った曲です。
スマスマでは途中までだったのが惜しいな。
「Prisoner Of Love」
ここで歌詞が見られます。
それともう1曲。Lへの思いを歌ったような、青山テルマの「そばにいるね」
2曲とも、スマさん以外のお気に入り曲集DVDに入れて、何度も聞いてます^^。

会いたい。
L。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

DVD出るの?(追記あり)

LチェンのDVDが6月25日に出るらしいんです。
早売りのジャンプに出てるとかで、確認出来ない……。

本編・メイキング・お楽しみディスクのコンプリートセットが6090円、通常版は3675円。
特典は、劇場用ポスター、大型ポストカード3枚、24枚のオールカラーブックレット。
(24枚? 24ページじゃなくて? 厚みが全然違ってくるぞ……)
レンタル版のDVDも6月25日にリリースだそうです。

(追記)
4月21日付で「L change the WorLd」公式サイトニュースにも上がってました。
そっちに出てるのがパッケージデザインかな。
DVDにひょっとこが……(笑)。
あ、ブックレット24ページでした。

Posted by 若子   0 comments   0 trackback

いつの間に!

えーーー!
私の大好きなLブログの管理人さんがサイト作ってらしたよ!
全然気づかなかったよ!
すごーい、皆さん着々と実現なさるのね……。私も頑張ろう。
そのためにも、もっとペンタブを使いこなせるようにならなければ。文字ばっかりの地味ーなサイトになってしまう……^^;。
持ってるプリンタ、スキャナとしても使えるんですけど、なんだかうまく取り込めなくて
これはもしかして、「おまえには文字だけのサイトがお似合いだ」との誰かのお達しでしょうか……。
いやん。絵も使いたい。じたばた。

10時からチャットです。毎回飲み物とかいろいろ用意して臨んでます(笑)。
空が明るくなる前に寝たい……とはいつも思うんですが……^^;。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

最初からそうしてりゃ……

4444のゾロ目、自分で踏んじゃった^^;。
あんまり縁起のいい数字とは言えないかもしれないから、かえって良かったかな(笑)。
じゃ、次は4949とか?
 
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

そこにいたんだね、L

明け方の地震、びっくりしましたー。地鳴りで気付いたんだもの。凄く怖かった!
その半日後くらいに、今度は落雷です。カーテン閉めてたので光ったのに気付かなくて、前触れなくドカンと来ました。そのあともしばらくドドドドド ズシンズシンって余韻(よいん??)が……^^;。
すごい音と振動だったので、咄嗟に地震だと思って玄関まで出るとこでした。
雷にもホント弱いし……怖かったよー。

Lだって絶対驚くよね、あんな揺れが来たら。
Lビルじゃないところで地震に遭う話書きたくなってきましたよ!(笑)

L友さんと話をしていて、自分のオリキャラの中でLにイメージの重なる人物の、その名前に「エル」が入っていることに改めて気づきまして、驚きのあまり不整脈を起こすかと思いました。
運命かと(感涙)。
ああL、一生愛す!
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

プチショック

アイバーの命日って……4月7日だったんだ……。
ご、ごめんねアイバー! 最近とってもお世話になってた(え?)のに、すっかり忘れてたよ!ってか、命日があるってことさえ忘れてた……。
デスノ専用カレンダーでも作ろうかな

……でも。
生きてると思っててもいいような気も……。
そうよね。うん。カレンダーには誕生日だけ記入しておこ(作るのかデスノカレンダー^^;)。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

縦書きを試してみました

 今までに何冊か同人誌を作りましたが、全部縦書きでした。あくまで感じ方の問題なんですが、何だか縦書きの方が「作品」っぽく見えるもんで……(笑)。それで、実はブログでも縦書きスクリプトってのを使ってみたいなーと思ってたんです。あちこち調べてみて、わりと簡単そうなのを見つけたので、ちょっと試してみました。
 記号を使った顔文字は縦並びになってしまうので使えませんが、絵文字は問題ないみたいです
 文章が波打つ感じになるのはプロポーショナルフォントを使っているからだそうで(MSゴシックじゃなく、MS Pゴシックの方とかですね)、だとするとスタイルシートをいじらなきゃならないのか。うまく出来るかしら……。
 で、縦書きにしたら急に、改行ごとに一文字ずつ空けたりしてる私(笑)。
 以前書いた記事を縦書きに直してみたら、長い文の時はちゃんと下にスクロールバーが出るので驚きました。
 でも、何だか……Lの話には縦書きは似合わない……かも(苦笑)。


*以上の文を縦書きスクリプトを使って書いてみたんですが、
 どうもテンプレートによってはまったく表示されなくなるみたいで、
 横書きに戻しました。
 変わったことをする時はいろいろチェックが必要ですね……^^;
 (09.06.27 変更)

Posted by 若子   0 comments   0 trackback

それでも思うは彼のこと

以前の記事読むと、自分なりに丁寧に書いてるのが分かります。最近ダメだな、しっかりしたものが書けなくて……

あのですね、言い訳と言えばそうなんですけど、お話を書きたい気持ちが強くなると、ブログとかに回すエネルギーが格段に減るんですよ。その逆もそう。
どんな手段にしろ、何かを書くってことは、自分の中にある「言いたいこと」を言葉にすることであって、それが物語になったり個人宛のメールになったりブログの記事になったりするわけで、そのどれを選ぶかは、その時の自分の気持ちと言うか、なんかこの、精神的な姿勢みたいなものによって違って来るんです。
ねえ、聞いて下さい、って自分が前に出ている時はブログの記事に。
ちょっと聞いてもらうだけでいいから、って気持ちの時は誰かへのメールに。
気付いて読み取ってくれる人がいればそれでいいと思える時は、物語の中にひそませて。(これが一番、自己満足度が強い^^;)

自分のオリジナルの話にLたちを組み込むという、無謀にしてとてつもなく楽しい作業に、はまりつつあるようです私……。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

もしかしたら書ける、かな?

先日、とあるところで、昔から書いているオリジナルのキャラクターのことを話したんですが(まあ要するに自分のチャットルームでなんですが^^;)、相手をして下さった方々がとてつもなく面白いチャチャを入れて下さいまして、オリジナルのはずが、メインキャラが全員デスノキャラに変貌してしまいました(笑)。
これが、ハマる! 性格やら設定やら、何だこれはってくらいハマるんです。
今日、そのログを読み返してみて、なんかもう唖然としてしまいましたよ……。
自分の好きになるキャラクターって、ここまで共通点があるんだなぁ、って。

ほんとはまとめたかったオリジナル。諸々の事情でちょっと無理な状況になっちゃったけど、デスノキャラでこっそり遊ぶことなら出来るような気がしてきました。
長編を書こうなんて力まずに、短いシーンを摘み食いするように、楽しみながら書いてみようかな……。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

こんなのばっかり

8時からのNHKの世界遺産の番組を見ました。プラハが舞台でした。
あの街並みに、Lやメロやニアを立たせたい……。

私は日本が普通に好きで、自分の町も家も安らげる場所なんですが、ああいう光景を見ると何だかもう、震えるほど、どこかに行きたくなります。発作みたい。何なんでしょうね、この感覚は。良く分かりません。
時々、今までやってきたことや持っているものを全部放り出したくなることがあるので、それに似た感覚なのかな。
もちろん、その気持ちのままに行動なんか出来ませんが。あとで絶対悔やむ^^;。
ただ思うのは、もし私に腐るほどのお金があったら、ひたすら旅行し続けるだろうな、ってことです。
年に何度かここに帰ってきて、そしてまた出掛ける。どこにも落ち着かずに。
あ、でも一ヶ所に何ヶ月か居たい気もする……。
どこでもいい。どうでもいい。そんな感覚が自分の中で大きくなる時期があって、そういう時はちょっとまずいです。
今、それかもしんないです。多分。心身共に、ふにゃふにゃ^^;。
力を下さい、L……。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

満地球の映像に思う白い月

夜10時からのNHK「スポーツ大陸」で、楽天の田中将大投手を取り上げるようだったので、チャンネルを合わせてみました。
スタジオに現れたのは藤原達也くん……。
見た瞬間「うえ、ライト!」って声を上げちゃいましたよ。「うえ」って何だ「うえ」って……^^;。
達也くんは好きですから。大河の沖田総司は良かったなぁ。

記憶をなくしていた時期の月は好きでした。
この月がきれいさっぱり消えてしまうのが悲しかった。
年齢が少し上がって、実際の捜査活動も経験し、かつデスノートのことを忘れていた月は、ノートを拾う前の月とも印象が違いました。たとえ同じように「ノートを持っていない」状況でも。
もしこの時点で新たに別のデスノートに触れたら、以前とは違う考え方が出来るようになっても良かったんじゃないのかな。
そうして、まったく別のデスノートを手に入れた、新しいキラが出現して、月はLと本当に協力して事件の解決に当たり、二人は心から信頼し合えるようになったって良かったんじゃないのかな……。

*****

おなかこわしてるもようです。こういう時に胃の辺りに触ると、てきめんに冷たいの。
うまく働いてないってことかしら。
今夜「こそ」早く寝ます。
おやすみなさい。
Posted by 若子   2 comments   0 trackback

妄想力全開

Lファンなら分かっていただけると思いますが……。

甘いものを見ると「Lに食べさせたい」と思うのはもちろんですが、最近は泣けてもきます。
あのLロゴを見るだけで泣けてくるんです。
歌を聞いても歌詞の中にLたちを見つけて泣きます。
歌詞なしの音楽はLたちの物語のBGMと化します。
美しい風景の写真や映像の中に、Lたちを嵌め込み、
自分の行きたいところに、先にLたちを行かせ、
ドラマや映画や小説を、Lたちに置き換えて考えてしまいます。

あの原作すらも、Lが書くことを許した、仮の物語かもしれないと。
「私はもういないということにしてもらった方が、余計な詮索をされずに済みますから」と、あんな展開にしたのかもしれない、とさえ。

いいよね別に。こっちが真実、なんて思い込んだりしなければ。
同じ気持ちの人たちと語り合うくらい、いいよね。

妄想とか想像とか空想とかいろいろあるけど、妄想が一番パワーがあるような気がしてます私(笑)。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

自分のせいなんですけどね

ごめんなさい疲れてますダメ人間です(涙)。
こんなグダグダしてちゃいけません。
なんとか気持ちを切り替えなきゃね。
まずいことが起きてるわけではございません。私がダメなだけです。
全部春のせいってことで……(サイテー^^;)。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

久々に痛い

頭が……
頭痛は慣れてる方ですが、今日のはきつい。
目と耳から来てるのかなー。
Lの髪のこととか書きたかったんだけど……。
今夜はそろそろ寝ます。
毎度ながらコメントのお返事遅れてすみません
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

のめり込みそうだ

私は元々、既成の物語のサイドストーリーを考えるのが好きなんですが、最近は、惚れ込んだキャラになった気分で会話をするお遊びにハマってしまいまして……。
何人かの仲間とそれをやっていると、度を越した感情移入のせいで、泣きながらキーボードを打つような状態に陥ることもありまして……。
それでなくても、春は情緒不安定気味なのに。
アブないわ私~^^;。

ま、そんな気分を抱えつつも、部屋の掃除をしたりゴミ出しのためにペットボトル踏み潰したりパスタの代わりに糸こんにゃく茹でたりもしてますけどね。

ああ、話が書きたい。絵も描きたい。どこか行きたい。

他に何もしたくない(問題はそこよ……^^;)。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

火男の面

あ……多分訪問者リストで正体バレてるね……^^;(すみません独り言です)。

こちらでも昨日、開花宣言がありました。いよいよ春本番です。
きちんとした花見はずいぶんやっていないけど、私にはその方が向いているみたいです。
素通り、横目。嫌いじゃないけど怖い花。
桜だって全部が全部、あんなふうにあっけなく散るものばかりじゃないんですよね。

花見客が集まるところでは、お祭りのように屋台が出たりもして、食べ物だけじゃなくお面まで売ってたりして^^。
お面。
祭りで着けるお面には、戻ってきた霊と生きた人間との見分けがつかないようにする意味がある、みたいな説を何かで読んだことがあります。
滑稽な表情のお面で顔を隠し、正体を隠し、たたずむ人が目に浮かぶ。

何か話が作れそうな気がしたけど、原作の彼のイメージじゃないから、きっと書けないな……。
 
Posted by 若子   4 comments   0 trackback

まあ、朝日がきれい……

タイトルはけさの私の呟き^^;。

昨日までのテンプレート気に入ってたんだけど、「Lと一緒の夏休み」のお知らせを冒頭に置きたかったので、フリースペースがあるものに変えてみました。
文章が動かないのもあるんだよな……どうしよう。
他のもチェックして、また変えるかもしれません。
ここ、テンプレートが凄まじい量なので、中から好みのものを見つけるのもけっこう大変だったりします。
種類が少ないよりはずっと楽しいですけどね。

昨日まで使っていたテンプレの中の時計、午前3時に夜明けのオレンジ色に変わるんですが、午前6時には青空に変わりました。きれいでした。
それから寝ました(バカ者!)。

チャットがこんなに恐ろしく、おもしろ楽しいものだとは。
そしてL友さんたちがこれほどまでにノリのいい人揃いだとは!
ただ今2つのチャットルームを、超有効活用しております^^;。

でもとりあえず今夜は早く寝る……ばたっ(←倒れた)。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

Lチェン・プチツボ

うーん。カテゴリもう少し細かく分けた方良さそうだな……。

Lチェンに出てる、真希ちゃん役の福田麻由子ちゃん、誰かに似てると思ってたんです。
昨日「GORO’S BAR」見て分かった。田中麗奈ちゃんだ。
きりっとした意志の強そうな目が似てる~。

Lね、真希ちゃんにお菓子をあげた時、串刺しじゃなく、小皿にカラフルなグミとかミルクチョコとかを何個か乗せて渡したんだったら、食べてもらえたんじゃないかと思うの。
あんな大ぶりなお菓子ばかり、しかも豪快に串刺しって、普通に元気な女の子だって受け取るの躊躇すると思うよ……^^;。
確か夜神総一郎さんも食べてくれなかったんじゃなかったっけ?(笑)

Lが喋っていた外国語は今いちだった、という意見を見かけました。
どの国の言葉も流暢に話すから、母国語が特定出来ないんだろうに、って。
でもそれなら、どの国の言葉も訛って喋れば、どれが母国語なのか、やっぱり分からないんじゃないでしょうか?(笑)
英語を話すとフランス語訛りで、フランス語を話すとイタリア語訛りで、イタリア語を話すとドイツ語訛りで(こういった訛り方があるかどうかはともかくね)、日本語を話すと青森の方言が……^^;。
こんな感じでも「Lってどこの人よ!?」ってなりません?

発音とか、口調とか、些細なことにばっかこだわってると、大きなテーマを見逃しかねませんよね。
もったいなーい。
Posted by 若子   4 comments   0 trackback

最後のLチェン

行って来ました。明日で上映が終わる映画館だったので貸し切り状態になるかと思ったら20人近く入っていて、しかも男の子が多かった……今までで初めてのパターンです(笑)。
私たちの後ろの列に小学生とおぼしき男の子ばかり5人と、お母さん。話を聞いてると、近所の子も一緒に来た感じでした。原作や、デスノ映画前後編の話もしていて、普通にデスノートのファンなんですね。なんだか新鮮でした。

映画そのものは、もちろん毎回同じ内容ですから(笑)同じところでツッコミたくなるんですが、こうして何度も見るとどうも情が移るもんですね。なかなか愛しい作品になりました。
本音を言えば、小説版の緻密さとこの映画版の迫力と、両方からいいとこ取りをしたものを……これとはまたちょっと違う映画として見たかったなと思います。FBIが絡む必然性とか、発症後の描写のいろいろとか、その辺は薄っぺらな印象が残ってしまって残念だったので。
でも、機内でのLの活躍と、ラストの方でBOYに名前を与えて頭を撫でる時のLの表情、あの目には、素直に「やられました」と言いましょう。

もう少し、この世界で生きてみたくなったL。
死の宣告をされた人の目には、世界が輝いて見えることがあると、よく聞きます。
そんな心情を思い出しました。

*****

ちょっと脱線しますが。
映画冒頭、ワタリの言葉にも出て来る、ロサンジェルスBB連続殺人事件。
それが今、少々強めに頭の中に残っていまして、そんな状態でこの映画を見終わって、レニクラの曲を聞いたら、あらびっくり、なんだかLとBのやり取りのように聞こえてしまいましたよ^^;。
この印象で私の「Lチェン」鑑賞が終わるのも、それはそれで悪くないかもしれません。

*****

ありがとう、松山L。
スクリーンの中のあなたに、ひとまず別れの挨拶を。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

おもしろ機能

ここ「ブロとも」って機能が出来たんですね。

以前メインで使っていたDia〇ynoteさんに「ヒミツ日記」って機能があって、同じDia〇ynoteで書いている上に相互リンクしている人同士しか、読めない文章が書けるんだけど、こっちでもそういうことが出来たらなーと思ってたんです。
そしたらこの「ブロとも」って、それに近いんですね。
ブロともを申請して、承認してもらえれば、ブロとも限定公開記事が読めるようになる。これはDia〇ynoteさん同士の相互リンクと同じです。
ただ、向こうはDia〇ynote利用者同士しかリンク出来ないから、普通に通ってくださる方にはヒミツ日記は読めません。
でもブロともは、ここでブログを書いていない方でも、パスワードを教えて下さいと請求することが出来るんです(ブログ主がそういう設定にしていれば、ですが)。

ってことは、ですよ。
たまたま通り掛かった方が目にしたのでは気の毒な、ちょっと……いやかなり趣味に走った、いわゆる「同人色の強い話題」も、この技を使えばここに書けちゃうっつーことですね。
ですよね!
いや、まだ別にそんな話書いてませんけど!(たいていの場合『まだ』は『いずれ』につながるものですが……^^;)
そもそも、Lでどんな話を……(えっ、白々しいですか?

パスワード申請か……勇気要るよなぁ……(経験者)。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

Lの面影

松山ケンイチくんの「人のセックスを笑うな」を見た方たちの感想に、「一ヶ所完全にLだった」ってのがいくつかあったんです。みんな「階段のシーンですね!」って、同感らしくて。
それで、今日見た時なんとなく気にしてたんですが、なかなかそう感じるところがなくて、やっぱり私は映画Lにさほど思い入れがないからピンと来ないのかなーと見てましたら。
いやびっくり、ほんと、あの階段を下りて来たのを見た瞬間に、「ああこれだ!」って思いっきり納得しました。
あれは、映画Lを知っている人なら間違いなく反応出来るでしょうね(笑)。

パンフはちょっと変わってて、20センチ角くらいの正方形っぽい本です。
学生時代の古文の時間に使った冷泉家版の伊勢物語を思い出して、笑ってしまいました^^;。
あれ、まだ持ってるわ……。

ここしばらく続いた映画鑑賞ラッシュも、次回で終わるでしょう。
3日に「L change the WorLd」を友人と見て来ます。
2日に終わる映画館と、4日に終わる映画館があって、次はいつだろう。まだ2ヵ所残ってる。
そのあとはきっと、DVDの発売が最後の映画L祭りになるんでしょうね。