いつも思うLB

出遅れLファンの雑記帳です。Bも一緒に愛しています。最初にカテゴリーの「ごあいさつ」をご覧下さい。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

ちゃんとL話です

実は私、小学生の頃から新選組びいきです(今、一発で新「選」組って出たの嬉しかった……!)。
NHKの大河は全話録画しました。
その中でも特にお気に入りは山本耕史と彼の演じる土方歳三。さっき所用で山コーの記事を読んでたら、誕生日が1976年10月31日とありました。
3歳年上か!(誰より、かは言わずもがな^^;)
そして局長を演じた香取慎吾と同じ学年……もっと上かと思ってた。

うわあ……。L、慎吾より年下なんだ……(今更な感慨)。

ジャンプSQ.に載ってた、表紙のLの文字なしバージョンの小さなカット。
こうして眺めていると、たくさんのLロゴが、Lを覆う見えないヴェールに描かれた模様のようにも思えてくるんです。
ああ、これ本当にポスターかタペストリーにして欲しい!
プレゼントのハガキにも、要望としてむりやり書き込みました(笑)。
スポンサーサイト



Posted by 若子   0 comments   0 trackback

悪いね、月

昨夜というか今朝。Lの夢を見ました。
仔Lらしかったです。
なぜ「らしかった」のかというと、顔がよく見えなかったんです。
ニアみたいなふわ髪で、でも黒髪で、要するに顔出し前のLの子供時代、みたいな?
多分6つか7つくらいの感じで、ベッドで体を起こしてて、私はそばで話を聞いてるんです。
で、彼は生まれて初めて遊園地に行った、みたいなことを言ってるんだけど、それが凄く冷静な口調で、なのに急に鼻血出しちゃうんですよ。
どうやら興奮し過ぎてどうしたらいいのか分からなかったみたいなんですよ!(笑)
ワタリ……出て来なかったなぁ。なんか、キリッとした「家政婦」って感じの人が仔Lの世話してた……。
私、家庭教師っぽかったんですが、私があの子に教えられるようなことなんかあるんでしょうか?^^;
パジャマ着てる仔Lの二の腕とか触った感触が残ってます。痛々しいほど細くて、その時はびっくりして「栄養のあるものを食べさせなきゃダメだろう! 家族は何をしてるんだ!」って腹を立てたんですが、目を覚まして、今になってあの細さと柔らかさを思い出すと、とめどなく泣けます。
小さな小さな赤ん坊だった頃もあったんだよね。
たった25年なんて。

今日が誰の誕生日だったかに気づいてなおさら泣ける。

意地でもLのことを思って過ごした一日でした。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

果てなきバックアップ

あれ、よく見たら左上の時計、時間によって画像も変わるんだ……(今頃気づくか!)
ちなみに、こちらの「ブログパーツ」の中から借りて来ました。
壁紙.com
Lたちのこと書くんなら、イギリス風がいいかな~なんて思って^^

前にPCのハードディスクが壊れちゃった時、お気に入りとかみーんな吹っ飛んだんですよ。
いろいろ後悔しましてね……。今度はブログの中に、お気に入りだけ集めた記事を一つ作ろうかなとか思ってます。
バックアップ取っても不安で、なんかもうトラウマっぽいもの抱えちゃった気分ですよ。
そして最後の手段は「印刷」さ。あははぁ(ちょっと泣く)。

L合宿、盛り上がりそうで嬉しい……(ぼそり)。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

自分のシリを叩いてます^^;

書き上げたL話を読み返していたら、早くも書き直したくなってきた(爆)。
でも次に書きたい話が幾つかあるので、多分このままになる……だろうな^^;。
ワタリと夜神パパの話を書いたら、次はまたLの話で、あと、自分の楽しみのために、オリジナルのキャラと絡む話も書きたいの。えへへ。

お世話になったサイトさんが閉鎖になったら、リンクもいくつか整理しなきゃならないな。
昔本にした話も、改めて載せることを考えてる。
だからぁ、早くサイト作らないとね! 頑張れ自分!

しかしこれ、ジャンルとしては何のサイトになるんだろう……。うーむ。
Posted by 若子   1 comments   0 trackback

夏が楽しみ

今トップ左に表示させている時計、ビッグベンだと思うんだけど、時間によって空の色が変わるんです。
実は昨夜……というか今朝、4時頃に見たら、夜明けのオレンジ色でした。きれいでした。
でもこんな時間じゃ、「きれいだから見てみてね」なんて簡単にお誘い出来ませんね^^;。

「Lと過ごす日々」の夜崎さんに約束した短編が、ようやく書き上がりました。まずは夜崎さんに捧げて、いずれは自分で作る(予定の)サイトに載せられたらなと思ってます。
次はワタリと夜神パパの話を書きたいな。

ちょっとだけ自分メモを。
*夏の(多分)L合宿に持って行くつもりの物
 落描きノート
 ネタ帳
 CD類
 勝手にサントラ
 デジカメ
 うちのL様たち
 ……
 白Tとジーンズ(こ、これ本気なのか合宿メンバーズ!^^;)
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

今ほしいもの

ここのところ、以前お世話になっていたサイトさんが閉鎖になる前にと、そこに載せられていたお話をせっせと拾っていたせいか、また話が書きたい熱が少ーしずつ上がってきた感じです。
気がつくと頭の中でLたちがわさわさ動き回っています。幸せです
昔から友人とよく話してました。自分が脳裏に思い浮かべている光景を、他の人にも見せることが出来たら、って。
プロの小説家や漫画家は、それに近いことが出来てるんでしょうね。でも素人にはムリよね……。
ペンタブレットなるものが欲しいなーと思ってるんですが、自分に使いこなせるかどうかが不安です。近場で誰か使っている人がいれば、ちょっといじらせてもらえるんでしょうけど。
どうしよう。ものすごく高いってものでもない……かなぁ。DSliteは迷わなかったしな^^;。
うーむ、ここは賭けか……。
Posted by 若子   2 comments   0 trackback

なんで月から!?

Lチェン公式サイトのニュースを見たら、月からLに応援メッセージが発信されてましたよ!
「ちょっとテンパっちゃってる月」の声に爆笑でした。
しかし笑ってから何となーく不機嫌になる私。
誰のせいでLがこんなに頑張らなきゃならないと思ってんだよ……。

すみません^^;。藤原竜也くんの声は好きです。
Posted by 若子   1 comments   0 trackback

第3回チャットのお知らせ

さて、そんなわけで(どんなわけよ^^;)、本日22日の23時頃から、私またチャットルームに出没します。
今回初めて「自分も覗いてみたい」とお思いの方は、この記事のコメント欄にてメールアドレスをお知らせ下さい。
その際に「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れて下さい。これで他の人には見られません。
出来るだけ早く……遅くとも夕方5時頃までにはチャットルームのURLとパスワードをお知らせいたします。
教えていただいたメルアドは、Lの名に誓って絶対に他のことに使ったりいたしません。
コメント自体も、前回同様チャット終了後に削除します。
前回来て下さった方々はもちろん自由においで下さい^^。

それでは、Lファンの皆様からのご連絡、お待ちいたしております^^。

*****

話は全然違うけど、3月6日にトレーディングカードゲームが出るんですよね?
これってどういうものなんでしょう。買って楽しめるものなのかしら?
なんか、よく分からなくて悩む……^^;。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

今年の目標(今頃……^^;)

最近、ここと、もう一つのブログと、両方でどういうわけか時々テンプレートの画像が表示されなくなることがあるんです。背景が消えるとすごく間が抜けた感じになるので取り替えるんですが、たびたびテンプレが変わるのはそのせいだと思ってくださいませ……。

あと三日ほどで、今まで書いた話を載せていただいていたサイト様が閉鎖になります。「砂の器」ファンの集った場所でした。今、懸命に自作の話の保存をやってます。ひー。
残念だけど仕方がないですね。他人様に頼りっきりだった自分の甘えも感じてます。
これからは、自力で場所を作らないとね。
ありがとうございました。お世話になりました。
ああ、それにしてもけっこうな作品数になってましたよ……。それぞれの話の作者さんたち、自分の作品保存してるのかな……。

サイト作る。作ります。文章だけの、素っ気ない場所になると思うけど。
今年は自分のサイトを作ります!
そこに、Lの話も載せるんだ!

うわ~~~、書いちゃったよぉ!^^;
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

告白します

実は私、「螺旋の罠」に、まだ手をつけておりません!
耳からの眩暈がまだすっかり治まらないのに加えて、中居番組の編集もあるし、映画も見に行かなきゃならないし、他にもいろいろやらなきゃないし、もう自分が二人や三人では足りない……なんてワガママは言いませんが(もっと忙しい生活を送っている人はいくらでもいますしね^^;)、ゲーム始めたら他のことが手につかなくなることだけは間違いないので、要するに自制してるわけです。

加えて心配なのは、アニメをあのスペシャル版しか見ていない私が、Lの声に萌えられるのかってことです。
え? ああ、まあ確かに、DVDの2と3は買ったんですが……。
そうです。それもまだ見てないんですよ!
だって毎日毎日中居番組が! しかもこの目で編集作業もするわけで、しまいには涙が出て来るんですよ! ああ中居、貝での坊主頭可愛い……(壊)。

ごめんね勝平さん……。私、英語版Lさまがとても好き(そっちは見たのか^^;)。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

泣き過ぎ

ZABADAKのこと書いたついでに、Lたちのイメージの曲を集めて「勝手にサントラ」を作ろうかと、持ってる曲をいろいろ聴いてみたら、いやもう、泣ける泣ける。
泣き過ぎて具合悪い。バカですね私。

そのせいっつーわけじゃないんですが、コメントのお返事、まだ書けてないのがあって……すみません、でも書きますからもうちょっと待ってね!^^;

Posted by 若子   2 comments   0 trackback

白い背の小さな羽根(補足あり)

ZABADAKの「桜」というアルバムが好きでよく聴きます。中でも「Psi-trailing」と「休まない翼」がお気に入り。
この人たちの歌って、独特な雰囲気のものが多いんですけど、「Psi-trailing」もそうです。なんだか寒い景色が見えてきそうな、孤独な感じの歌です。
それでニアを思い出すのって、どうなんだろうとも思いますが……。
でも好きなんですよ。ごめんねニア。

ファンの皆さん、もし機会があったら聴いてみて下さいね。
 

※コピー曲の聞けるサイトを見つけました。ちょっと不安定な歌い方ですが、雰囲気は充分伝わると思います。
「Psi-trailing」
一覧の下の方にあります。
Posted by 若子   5 comments   0 trackback

L合宿本格始動?

昨夜のチャット、日付が変わる直前から始めて、終わったのが3時でした。次回はもう少し早い時間からの方がいいかもしれません^^;。

集まったのは5人。10数分の間に次々やってきて、あっと言う間にタメ口でお喋り開始です。私も最初は○○さんって呼んでたのに、すぐ口調変わっちゃった^^;。飲み物も余分に用意しないとすぐなくなっちゃうね。
真っ先に出た話題はLファンとの泊りがけのオフの計画。確か先日の東京と大阪でのLオフ参加者と電話で話した時に、私がちょろっと口を滑らした記憶があるんですけど、なんかけっこう反響が大きいようで、たちまち本格的な話になってしまいました^^;。
いえね、以前「ヤングライダーズ」って海外ドラマのファンが集まって、私の地元の温泉旅館で泊りがけで喋り通したことがありまして、それが楽しかったんですよー。部屋中に布団ぎっしり敷き詰めて。ほんと修学旅行のノリでした。
これをLファンと実現出来たら……多分スゴイことに……(笑)。
ちょっと調べてみたら良さげな旅館があったので、ここに決まりそうな感じです。予約は「竜崎様ご一行」かい?^^;
みんなの家のL様やねんどろLたんも大集合です。ご当地甘味も持ち寄って食べ……いや、L様たちに貢ぐの。楽しみ……うふふ。
いろんなお菓子の名前が出て笑えました。たこ焼きようかんって、美味しい……??

この、お菓子の話をしているうちにコンデンスミルクの話題が出て、そこから話は一気にR指定になっちゃったんですが理由は聞かないでね(爆)。
ここでウッカリ自爆した私。本性バレました^^;。はいすみません、私そーいう絵も文も書きます。

そうこうしているうちに、参加者のお一人がL合宿打ち合わせ用ブログを作り、みんなでいっせいにコメントしに行きました(笑)。
合宿、何人くらい集まるかな。泊まれない人のために日中のオフも予定してます。多分カラオケボックス^^;。「隊長」がしおりを作ってくれるみたい。みんなで歌う曲の歌詞も載せてね!
あ、私「勝手にLサントラ」作って持って行こうかな^^。

4月に東京でLオンリーイベントがあるそうで、それに行く!という人たちもあっという間に予定を組んじゃってました。素早い!
確か名古屋もあったと思うんだけどな……見間違いかなぁ……いやそんな筈は……。

そうこうしているうちに、朝の早いお一人がまず抜けて、残った4人も3時近いことに気づいて一人落ち二人落ち、最後に私が落ちたのは3:13でした。
脳がコーフンしていたせいか、なかなか寝つけなくて参りましたよ……。みんなすぐ眠れたのかな?

すごく楽しかったです。チャットルーム作って良かった。でもこれ、週1回くらいにしないと体もたないわ^^;。
次回もまたここで開催をお知らせしますね。

というわけで、L合宿チャットのプチレポでした。おそまつさまでした!
Posted by 若子   2 comments   0 trackback

小説すばる3月号

いつ出るんだっけーとチェックしたら今日発売でしたよ。買うの忘れてた。
覆面作家のM氏が自作の「L change the WorLd」を語る記事が載ってるんですよね。
明日買いに行けるかなぁ。
……いや待て、内容によっては立ち読みだけで……^^;。

映画を見てから改めて小説を読むと、違う部分がかなりあって不思議な感じです。真希ちゃん、大阪弁かそうでないかでずいぶんイメージ違うし、駿河さんは小説だと、徐々にLに肩入れしたくなっていく心情の変化が分かりやすい。
映像で見せられるとショックな部分と、迫力が凄い部分があって、どっちが好きって言い切れないですね……。
ああ、でも、流血沙汰も含めて、小説版のLのアクションシーンは全部映像で見たかったかな!

でもって……ニアに関してはどっちの描かれ方も複雑な気分になりました^^;。

今夜はL部屋で2回目のチャットです。私も含めて多分4人、ですね。飲み物用意して、寝る準備も済ませておきます。
L合宿の打ち合わせとか出来るかな。楽しみ~^^。
Posted by 若子   2 comments

お知らせ: チャット始めました

昨夜、チャットやってみました。どんな感じか、某L日々ブログの管理人さまと試してみたんです。

大暴走!(爆笑)

大変だ! これ、数人入り混じったら収拾つかねぇ!(おっと取り乱しておはしたない言葉使いを……^^;)
2人だけでもあんなになっちゃうのに、5人くらい来たら(あの人とかあのヒトとか……)凄いことになるな!
と言ってあんまり入室制限とかしたくないし。
とりあえずやってみるか……。

ちなみに、このたびのお試しチャットでは、プライベートな情報も少しばかり書き込んでしまったので、ログは消させていただきますね。

さて、そんなわけで、明日16日の23時59分頃から、私またその部屋でもぞもぞ遊んでいようと思います。もし「自分もちょっと覗いてみたい」とお思いの方がいらっしゃいましたら、この記事のコメント欄にてメールアドレスをお知らせ下さい。
その際に「管理者にだけ表示を許可する」に必ずチェックを入れて下さい。そうすれば他の人には見られません。折り返しチャットルームのURLとパスワードをお知らせいたします。
教えていただいたメルアドは、Lの名に誓って絶対に他のことに使ったりはしません。
コメント自体も、16日(と言うより17日ですね^^;)のチャット終了後に削除いたします。

なお、「折り返し」とは書きましたが、私もずっとPCの前にいるわけではありませんので、そうですね、明日16日の夕方、5時頃までにはご返事出来るようにいたします。
それでは、Lファンの皆様からのご連絡、お待ちいたしております^^。

てへっ、なんか緊張しちゃった^^;。


※第2回チャット、おかげさまで総勢5人で盛り上がりました!
 Lオフ会合宿の計画など、いろいろ話題が出て楽しかったです。
 気がついたら3時だったよ……さすがに少し眠い^^;。
 ここにいただいたコメントは、メルアドが記載されていましたので、
 操作ミスでうっかり表示したりしないよう、17日のお昼前に削除しました。
 チャットの仔細はのちほど別記事にて^^。
 参加してくださった皆さん、ありがとうございました! またやろうね!
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

作ってみました……

何をって……。
Lファンの皆さんと、Lのことを語りまくるための部屋でございます。
チャットルームとも言います。
中では何を喋ってもいいように、パスワード制にしました。
今はまだ、背景の色とかちょこちょこ手直ししてるので、落ち着いたらご招待しますね。
今夜のところは取り敢えずお知らせまで。
Posted by 若子   4 comments   0 trackback

「DEATH NOTE」外伝 ちとネタバレ感想

今回の外伝は、ニアが真に「L」としての言葉と行動を自分のものにするまでの物語だったと感じました。
泣いてしまいましたよ~。てへ^^;。

デスノ本編第2部でのニアが名乗っていたのは「N」であり、解決すべく手をつけたものは、Lの遺志を引き継いだ、Lのやりかけていたキラ事件でした。
無論自分の意志からではあるものの、これを乗り越えなければ「L」を名乗ることすら叶わない、そんな、ある意味「義務」にも似た捜査だったように思えるんです。

ニアの使う「L」には2通りあったと思います。日本に乗り込んだあの彼をさす「L」、そして、Lである自分としての「L」。
「Lならどうするか」
最初は「彼ならどうするか」の問い掛けだったのかもしれません。でも、それは次第に「Lである自分はLとしてどうすべきか」に変わっていったのでは。

日本で起きている事件を「(Lである以上)放ってはおけないでしょう」と言うハルに、Lの価値観を改めて知った時のことを話すニア。
事件に興味を持てなければ「L」は動かない。
「LはL、ニアはニア」と言うハル。今はL=ニアであるはずなのに。
ハルたちさえ、あのLとこのニアを別の存在と捉えているのです。

自分がLとしていろいろな情報を公にするのが一番手っ取り早い、とニアが言った時、おそらくその「L」には、あのLとして、という意味合いがあったのではないでしょうか。
しかし、手っ取り早いと言いながらニアは行動に移していません。それはつまり、ニアがこのやり方を望ましいものとしていないからでしょう。
そう考えながら294~295ページを見ると、294ページの最初にニアが見つけた1枚のカードが象徴するものは、なかなかに深いと思いました。
のちに形が明らかになるタロットタワーを作るために、「手っ取り早い手段」を語りながらニアが重ね直したそのカードは、タワーの一部を崩してしまいます。このやり方では、タワーのあの形は作れないのだ、と言うかのように(もっと正確に言えば、そのカードを重ねようとした結果、袖口が引っ掛かって他のカードを崩した、ように見えるのですが^^;)。
この時のニアの「はい 残念…」(舌打ちまでしてるよ^^;)は、カードが崩れたことではなく、ハルの言う「(あの)Lならどうするか、をニアは考えている」という言葉への答えだと私には思えました。

自分は関与しない。それはあの価値観を持ったLと、結果的には同じ結論になるかもしれません。しかし、あえて付け加えた言葉は、あのLとも違う、まさにニア・Lのものでした。310ページでハルが、313ページではレスターもそれを再認識します。
今や、ニアの判断こそ、Lの判断なのだと。

かつてあのLが、キラとの全面対決を宣言した時と同じく、巨大モニターに大写しになった「L」の文字。
それを見ながら、泣けて泣けて仕方がありませんでした。

ああ、Lがこの世界に還って来た。
そう確信させてくれる場面でした。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

「DEATH NOTE」外伝 ツボそして疑問^^;

文句なしにネタバレです。
でも隠すほどの内容でもありません。
だからこのまま書いちゃいます(笑)。
まだ読んでないよ!な方で、どうしてもネタバレしたくない時はご覧にならないで下さいね^^。

*****

ページの使い方がもったいないと思っちゃいました。44ページしかないんだから! もっと描いて欲しいシーンがあったのになー。
あの二人の最期にわざわざ2ページも使うし。見たくないッス!
279ページ下段の2コマとか、要るんでしょうか?

松田、最初は「月くん」って言ってるんですね。そのあとは「キラ」。この使い分け、別に意味はないのかな。私のこだわり過ぎか……。

「Lってこっちからは連絡とれないんでしたね」 連絡が来るのを待ってるの? Lは、自分が乗り出す価値のない事件には連絡してこない、と考えるべきじゃないの? だから本来は、日本のチームはとっくに自分たちで動いてなきゃいけないハズだよー。
……この人たちについて、あんまりコメントしたくないわ……。

ニア。今どこに住んでるんでしょう。282ページのニア、女性かと思っちゃいました^^;。
ニアのいる部屋、レスターたちの立っている背後が出入り口ですよね? 残り三面が壁だとすると、275ページのニアは、その出入り口に向かって座ってるってことなのかな?

このタロットタワー、最初のコマを見ても既に、立たなきゃ組めない高さになっている部分がある。ニア、実はきっとちゃんと立って作業してるんだわ!

指人形、着けたり外したり忙しいね(笑)。

288ページ下の2コマで爆笑しました。だって、286ページでのレスターたちとニアの距離見て下さいよ。あんなに離れてるのに(まあ、レスターたちも少しは移動してるようですが)、288ページでは、ニアの姿が消えたと思ったら目の前に出現ですよ。
ニア、もしかして、這って来た!?

「Lが『より』好きに」なったってことは、元々好きだったんですね。う、嬉しい……。きっとそうだろうとは思ってたけど、ニアの口からはっきり聞けてほんとに嬉しいです(泣)。

Lタワー、どっちに向けて作ってるんでしょう。ニアから見たら文字の形、逆ですよね。誰かにアピール? 今はもういない、でもあなたの中に生き続けている、あの人?

*****

さっそく本誌から切り取ってファイルに入れてしまいました。きっと何回も読み返すと思うので。

ニア。
Lの言葉を教えてくれてありがとう。

明日はもうちょっと真面目な感想を書くつもりです^^;。
Posted by 若子   4 comments   0 trackback

プレゼント、外れたい!

えーーーっ、こんなプレゼントがあったの!? 今頃気づきました!
ジャンプSQです!
表紙を切り取った皆さん、まだ本誌は残してますか? 484ページにプレゼントのお知らせがありまして、それに外れた人の中から100人に、あのオレンジL様のイラストQUOカードが当たるんだそうですよ!
メインのプレゼントはどーでもいいんですが(いやマジで!)、このカードは欲しいでしょう!
でもどうしよう、どーでもいいやつが当たったら!(笑)

うっ、小さい文字でさり気なーく「デザインは異なる場合があります」とあるのが気になる……。甦るニアポスター事件(こらこら^^;)。
うわ、どうしよう。SQもう1冊買って来ちゃおうかな~。

ありゃ! 雑記帳の240000ヒット自分で踏んじゃったよ! 運使っちゃったかい?
Posted by 若子   9 comments

行きたかった……

今日は東京と大阪とでL映画オフ会がありました。私は行けなかったので、電話で参加しました。まあちょこっと挨拶程度ですが。
でも、声が聞けて嬉しかったな^^。あつかましく電話番号をお伝えして良かった(笑)。この図太さが私の身上、なんちゃって。
この次は行く! 必ず行くー!(涙目)

母が買っていた読売新聞を眺めていたら、Lの小説本の広告がけっこう大きく載っていました。2月7日のです。20万部突破したそうです。
「映画では見られないLがいる」ですって。

Lの記事

ほんとにそうでしたね。あんなに違うとは思わなかった。何よりも、まさかニアが……^^;。
でも、そういったことからも、映画と原作は完全に別物だと言い切ることが出来ると思いました。

何度でも主張するけど、ビジュアルブックに載っていたLマンガ、あれは映画のLの過去ですからね。あの本は映画のための本なんですから。マンガの部分だけ原作Lを引っ張り出すの、構成から見ても不自然でしょ?
原作と一緒にしないで下さいよ。けっこう抵抗なく原作Lの過去と受け止めてるファンが多くて驚きです。月と手錠で繋がっていた時はヒューマンウォッシャー使えなかったのね、なんて仰る方もいらしたし。

原作コンビ! もういいから、ホントもういいから、いい加減ファンを振り回すのやめて、原作のLに会わせて下さい!
Posted by 若子   6 comments   0 trackback

「DEATH NOTE」新作!

読みました。ものの7~8分で^^;。
タイトルがそのまま「DEATHNOTE」なのが嬉しかったなぁ……。
朝っぱらからボロボロ泣かせていただきました!
 
速やかな解決が予想される、ある事件の始まり……という感じの物語でした。

以下、ちょっぴりネタばれです。
なお、作品はセンターカラーで冒頭に映画の紹介ページがありますが、そのあとのマンガ本編、Lファンにはいきなりダメージの大きい絵から始まりますので、どうか心の準備をなさって下さい。
私でさえ一瞬凍りつきました。

Posted by 若子   1 comments

今日は後編

わ、びっくりした。yahooのページの真ん中に「Lチェン」の記事が。
そうか、明日からだもんね。自分が試写会に行ってるから、もう公開始まってるような錯覚を起こしそうになります。前売り券も4枚そろったよ……^^;。
今夜はテレビでデスノ映画の後編をやるから、またみんなで同時鑑賞会。もう少しだわ。楽しみ。

思い立って近所の玩具店に行ってみたら、DSliteありました。でも欲しい色がなかったので、やっぱり一度駅周辺の店に行くことにしました。そっちも色がなかったら、そして値段が同じなら、近所で買ってもいいかなぁ……。
攻略本もまだ買ってません。

で、ローソンから引き取って来た、ビジュアルブックのメイキングDVD。これは良かった! 松山ケンイチくんと松山L、別人ですねぇ! やっぱり役者としては好きだわ……(笑)。
ニナミカさんがああして撮った写真がこのDVDケースや前売り券のLなんだな、と思うと、こっちを見ているLがミョーに生々しいです^^;。すごくそばで撮るんだもん。

さーて、そろそろ同時鑑賞会の会場へ参りますか。
あとでこの記事に続けて何か書いちゃうかも。
なんだかドキドキしてきたわ~。
Posted by 若子   8 comments

螺旋の罠に掛かりそう

本日午前10時ジャスト。L様が我が家にご到着あそばされました。
そう、コナミのニンテンドーDSゲームソフト「the proLogue to DEATH NOTE [螺旋の罠]」が届いたのでございます!
さあ、いよいよもって本体を買わねばなりませぬ!

けっこう大きな箱でした。ポスターは四角い筒に納められ、L様は折り痕ひとつなく、美しいお姿を私の前に現してくださいました。
でも私ったら照れてしまって、あっという間にまた丸めてしまい込んでしまいましたよ^^;。

ゲームソフトのケースを開けたら、DSカードってんですか、これがあまりに小さいのでビックリしました。こんなもんなのか……。
ああ、この中でL様が待っていてくださるのね! 早く本体買わないと! あと攻略本も!
いや先日出掛けた時に、本体の色のチェックとかして来たんですけど、DSliteって小さいんですね。目に悪そうでちょっと不安です^^;。
他に入っていたのは、コナミスタイルさんのサイトでも分かるとおり、本体カバーとタッチペンと前売り券と前売り券用台紙。
カバーはソフトタイプです。もったいなくて使えないかも……。
Lのイメージカラーって白なんですか? するとやはり本体も白を買うべきなのかなぁ。

ゲームの取扱説明書を取り出し、真っ先にチェックしたのは当然ながら「Lコミュニケーター」の説明でした。
「Lとコミュニケーションを取って親密度を上げます。親密度が上がると、捜査時のLとの関係にも効果が表れます」
きゃっ
信頼度ってのもあって、それが上がると、Lが主人公つまり私(笑)を呼ぶ時の呼び方が変わるんだそうですよ。
「Lコミュ」のコマンドの「スウィーツ」の説明がステキです。スウィーツ名の横にあるハートはLの好みを表していて、ハートが多いほど、Lにあげた時の反応が良くなるそうです。種類は捜査パートでレシピを手に入れると増え、個数は時間が経つと補充されるんですって。ワタリが補充してるんだな!?
画面背景のイラストも変更できて、イラストは親密度を上げると増えるそうです。

ああ……だめだ、辛抱できません。
今月のお客さんのせいでオナカ痛いから、今日はちょっと無理そうだけど……昨日2万円おろしてたことだし、明日にでも本体買って来ます!
さあ、私はいったい何色のDSliteを買っちゃうんでしょうか!
Posted by 若子   0 comments

映画ももうすぐ

近所の本屋でWジャンプを買って来ました。そしたら小学生の男の子が、レジのところに積んであるLの小説本を「あ、デスノートだ」っつって手に取ってました。なんだか嬉しかった……^^;。

カラーページはもちろん、一色刷りのページも切り取らずにはいられない私。なんですか、あの「ケータイ少年ジャンプ」の「デスノきせかえ」って。私のケータイ、対応してないみたいなんですけど(涙)。
Lがワタリ・アイバー・ウェディを従えているらしきカットは、連載中にでも本誌に載ったものなんでしょうか。当時は全然関心がなかったから、こういうイラストは持っていなくて残念です。出遅れにも程があるわ……。

「Lが解明するVジャンプブックスの真相!」の、Lのセリフには笑いました。
「これがブイジャンプブックスですか…。うわさには聞いています。じっくり読ませてもらいます」
「へー…。全罠(トラップ)の解除法に、全フロアや全アイテムを網羅。しかも、最速の攻略ルートを完全解析ですか」
「大丈夫です。これだけ内容が充実した攻略本があればすぐに解決できそうですよ」

「へー…」って、L!(爆笑)
あら、これ明日発売じゃないですか! そういえばゲームもだわ。あ、○ーソンで注文したメイキングDVD付き前売り券も引き取りに行かなくちゃ! うへー忙しい。

松山ケンイチくんのコメント読んでると、ああ若いなぁ、と思います。
私は、Lはもっと深いキャラクターだと思う。でも、映画のLだからあれでもいいかな。
TVstationにも松山くんが載っていたので買って来ました。たった1ページだけだけど、眉が薄めでヒゲもなしで、とても優しい表情で、まるで高校生みたいです。GYAOの表紙と比べると、幼いと言ってもいいほど。危ない仕事をしているお兄ちゃんと、それを案じている弟、くらいに違う。もうびっくり。
ほんに役者とは「化け者」よのう(笑)。

私はね、原作Lも、これくらいの変装(^^;)が出来ると思ってますのよ。
いつか書きたいな、そういう話。
Posted by 若子   3 comments

もう一度会いたい物語

すごく好きな話があったんです。ワタリの話です。あの、最期の瞬間、ワタリが思ったこと。それを書いた話があって。初めて読んだ時は泣けて泣けて声を抑えられませんでした。
こっそりですね、とっておいたんです。でもそのフロッピーが、ダメになりまして、保存しておいたものが全部消えました。
でも、ここんとこ頑張っていろんなサイトさんを渡り歩いてまた「お気に入り」リストを作り始めてたんです。

その大好きな話の載っていたサイトさんを見つけて、バナーをクリックしたんですけど、開きませんでした。
閉鎖したようです。


それがどういうことなのか、驚きましたね、理解するのに1分くらいかかりましたよ。それでも暫しの間、見る方法があるんじゃないかとあれこれ考えて、あちこち検索して。

印刷しておかなかった私がバカでした。
残念で残念で、涙が出ます。今も出ます。

倒れて命が尽きるまでの恐らくはほんの一瞬の間に、ワタリの脳裏を駆け抜けた思いを小説にしたものでした。

*****

初めて会った頃の幼いLの様子。弱い者、傷ついた者の心に寄り添う能力に長けていたこと。誰よりも心優しい子供だったL。
未解決の犯罪捜査に関わるようになって、自分のために働くワタリへの礼のように、ソファの隙間や服のポケットに忍ばしてあったキャンディやチョコレート。それを見つけて口にする時の喜び。
仕事で遠出をしたワタリが帰って来ると、抗議のように家の中がめちゃくちゃになっていて、水浸しの浴室にLが横たわっていたこともあった。
床の上で寝て、抱き上げてもらうのを薄目を開けて待っていたL。

キラ事件のために日本に行くことになった時も、握ったその手が温かく力強かったから、彼が敗北することなど有り得ないと信じることが出来た。
日本の捜査員たちと出会い、彼らを信頼し、徐々に人懐こく笑顔を見せるようになって行った「竜崎」に、何もかも順調だと思っていたワタリ。
だが、彼と二人の時は可能だった捜査の手段が次々封じられ、竜崎の疲労が増して行くにつれ、ようやくワタリも不安を感じ始めた。
このままでは彼は窒息してしまうのではないか。
ソファの上で体を丸めて眠る竜崎の手に触れ、そのあまりの冷たさに愕然とするワタリ。こんな眠りの中で安らぐことが出来るものだろうか、と。
可哀相なことをした。もっと早く気づいてあげるべきだった。すぐにでも捜査本部と距離を置いて。だがそれを竜崎は望まないだろう。
意見を違えた相沢をそのまま野に放つなど、かつての竜崎には有り得ない。それでも、人が人と番い子をなし家族を作ることを第一と考えた彼の心を思えば、責めることは出来なかった。
だから、こうなってしまった今、ワタリの心残りはただ一つ、彼がワタリにとあちこちに隠したお菓子の数々を、すべて見つけることが出来ていただろうかということだけだ。
ワタリという名は、彼がつけたものだった。
「渡り鳥ですよ」
いずれは故郷に帰るんです、と言った彼。
竜崎。私はいつか、あなたと共にイギリスに帰りたかった。

倒れ込み、床に頭が叩きつけられる音を聞くワタリ。自分がこのまま骸骨になる、どこか滑稽なイメージを連想して苦笑する。
良かった。自分は竜崎との約束どおり、全てのデータを消去することが出来た。

そして自分は、竜崎のつけた名のとおり鳥になって、空を行く。
見下ろす大地のその先には、まっすぐに竜崎へと続くランドマーク。


どうか竜崎を、未来に生かしてやってください。




私の話は、これでおしまいです。


*****



「どうか竜崎を、未来に生かしてやってください。」
そのワタリの願いは、聞き届けられることはありませんでした。
悔しさ、無念、怒り、けれどワタリがそれを知ることなく逝ったことへの切ない安堵に、この物語を初めて読んだ時は、本当に涙が止まらなかった。机に伏して泣きました。
でも、もう私にはこれを読み返す術がありません。
中途半端な内容ですが、せめて思い出せる限りの内容を書きとめておこうと思いました。

誰かご存知ないですか。「ミジンコフスキー」というサイトさんの、「ランドマーク」という話です。
こんな僻地のようなブログでお願いをしても虚しいかもしれませんが、よそ様で騒ぐような真似は出来ないし、今はこれしか思いつきません。
もう一度、あの物語を読みたい。竜崎を愛して止まなかったワタリに会いたい。そう書くだけで涙が出て来ます。

全部私が悪いんです。誰のせいでもない。
でもでも、もうデジタルなんて信じないから。うえ~ん
Posted by 若子   0 comments

光の中の人

かつてケニアで見た、落日と夜明け。
あれからオレンジ色は、私にとって太陽の光の色になりました。
今日買ったジャンプSQ表紙のLは、まさにその色に包まれていました。

何度沈んでも。
何度でも昇ってきて。

その輝きの中で、私たちは力を与えられ、希望に満ちた時を生きる。

Posted by 若子   12 comments

デスノ外伝??

小学生の時から20年間、日記を毎日つけていました。そのあとしばらく中断して、またここ何年か、ネット上でブログを書くようになって、去年の今日、一昨年の今日の出来事を見返すことが出来るようになりました。
思い立って、父の病気の検査結果を知った日のことを書いたのはいつだっけな、と「雑記帳」を辿ったら、3年も前の記事でびっくりです。しかもその記事に「5年前のこと」として書いてるんだから、あれは8年前の今夜のことだったんだ。
早いなぁ……。

いえね、何でこんなこと書いてるかって言うとね、9日発売のジャンプに、デスノの外伝が載るらしくて、それがキラが消えたあとの話らしくて、少し成長したニアが出る……らしく……。

ねえ、Lは?
そりゃ私は、Lとワタリの次にニアとメロが好きだけど……

いやまぁ、ニアの新しい話なら楽しみに読みますよ。ええ。

で、そのニアが、どうやら新たなキラ事件に立ち向かうらしいと知って、その時ニアは何歳なんだろうと思ったんですね。13巻を見たら、ニアが相沢に連絡をした時点では、誕生日前だったので19歳でした。ってことは今度の外伝では多分20歳過ぎ……。
そして今日現在、ニアはまだ16歳で、キラ事件について一人で調査している最中なんだ……。
そんなふうに、あれは何年前で、その時点であの事件から何年経っていて……と考えていたら、父のこととか他のこといろいろ連想して泣けてきちゃいましたよ^^;。

でも、外伝って読み切りなんですね? 新たなキラ事件って、読み切りで解決する程度のものなの?
あんまり薄い内容だったら悲しいなぁ。ニアにもLとしてしっかり活躍して欲しいもん。
そりゃーね、デスノファン=Lファンなわけじゃないってことは分かっておりますよ。でも今のこの盛り上がりだけは、Lファンが支えてるものなんじゃないでしょうか?
だからさぁ、ちょっぴりご褒美欲しいよ。

会いたいよ、L……(涙)。
Posted by 若子   0 comments

昨日の余韻

いやー、昨日は楽しかった!
夜崎さんの「Lと過ごす日々」でデスノのリアルタイム鑑賞会やったんです。テレビ見ながらみんなでどんどん感想書き込んで。みんなで同じ所で萌えて叫んで大喜びして(笑)。
特に、LのゲームのCMが流れた瞬間の盛り上がりったら! もう、思い出しても笑えるの何の^^;。あれはまさしくチャットのノリですね。
ほんとに楽しかった。後編でもやっていただきたいな。後編はつらい展開だから、なおさらみんな一緒だって思える方がいいかもしれない。

別日記のリンク仲間さんが、村下孝蔵の「初恋」のことを書いてました。
私が好きなのは「ゆうこ」と「踊り子」だな。今聞くと、いちいちLを思い出しますよ^^;。
「ゆうこ」の中の
  言い出せない愛は 海鳴りに似ている
  遠くから絶え間なく寄せ 胸を強く揺さぶる
……これだけで泣けそう。

もういない人には、伝えようもなくて。
潮が満ちるように、時に堰を切って溢れ流れ落ちる。



作詞・作曲・歌 村下孝蔵
「ゆうこ」より 歌詞一部引用
Posted by 若子   2 comments

今日は前編

ただ今、テレビで「DEATH NOTE」前編放映中です。

映画の予告を見ると、本編も見たくなりますね。今まではPCが重くて、いろんな映画の公式サイトで映像を見ることは殆どなかったんだけど、「L change the WorLd」を始め、予告を見るようになったら、面白そうなのがいっぱいあるではございませんか……。
うわー、危険だわ、公式サイト!(笑)

それにしても、デスノ本編が始まる前に流れた、短い予告映像の中の、前編初登場L。
あんな半端な眉でしたっけ?
ごめん、「気持ち悪!」って思っちゃいましたよ^^;。
松山Lも、回を重ねるうちにこなれていったんですね。