いつも思うLB

出遅れLファンの雑記帳です。Bも一緒に愛しています。最初にカテゴリーの「ごあいさつ」をご覧下さい。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

はやぶさカプセルに会えた (でもまずグッズの話)

本日9月12日の日曜日。行ってきました角田宇宙センターに。
執念で2度並びました。これが最後かもしれないから。
はやぶさのカプセルはいくつかの部分に分けられて、きれいに輝いていました。
写真撮影は禁止だったけど、2度目に並んだ時はじっくり眺められたので、心の中でたくさん語りかけてきました

でね、見学の状況も書きたいけど、実はまず何よりアップしたかったのが、買ったクリアファイルだったんです。
例によってボケボケですが……。
はやぶさが最後に見た地球を使ったファイルと、裏側にははやぶさの旅の過程。
最後に見た地球 乗り越えた苦難

これのほかにもう2種類あって、それも買ったんです。この左側のファイルをよく見ると……
他にも2種類

↓はやぶさの右側に丸いターゲットマーカー、そしてそして左側の暗い部分との境には、ミネルバもいるんですよ!
あの子もいる! 透かして見た
光に透かすと更にはっきり見えます。↑

嬉しいイラストに、売店で泣きそうになりました。
ええ、2枚ずつ買っちゃいましたよww
スポンサーサイト



Posted by 若子   0 comments   0 trackback

はやぶさと一緒

隊長が作ってくれました~!
「はやぶさカーソル」
こちらの記事からダウンロードすれば、小惑星探査機はやぶさがあなたのPC内を飛び回ります!
ミネルバたんもいるのが嬉しい……^^

隊長のところでは、はやぶさLとミネルBの旅もいよいよクライマックスに向かいますね。
きっとすてきなラストが待っていることでしょう。楽しみです。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

やり遂げた「はやぶさ」

そして消えていく。

はやぶさからの最後の信号

きみには本当に、命も魂もあったとしか思えないよ。
Posted by 若子   3 comments   0 trackback

月の地主

この11日に仙台で「はやぶさ帰還記念イベント」があったので、それをまた記念にとの土地を買いました。
購入日付は、きっと世界一のBファンであろうあの呪音ちゃんがBの誕生日と定めた(笑)、そしてもちろん探査機はやぶさが地球とひとつになった 6月13日です。
その関係書類が今日届きました~~!!!

書類3枚 縦35.5cm、横28cmです。けっこう大きい。


購入日付とLBのロゴ。BがLを追っているようだ……。

日付! このロゴ最高っしょ!

うちはここ この赤い四角の中に私の土地が含まれるらしいです
 世界のどこかに、ご近所さんがいるかもしれないのかな♪


 とても楽しい買い物をしました。
 今日からは、私の第二の故郷です
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

ゆっくりやすめ はやぶさ

さっそくアップされていた再突入の瞬間。宇宙飛行士の野口さんがツイッターで紹介してらっしゃいました。
今日は私たちくらびーメンバーやその友人たちにとってのB誕。
だから記念にここに置きます。
あの子を迎えてくれたよね。B。

誕生日おめでとう、B。
そして、おかえりはやぶさ。さいごまできみは、本当に美しかったよ。



前記事にコメント下さったお客様、ありがとうございます。お薦めのところで見られました^^
Posted by 若子   1 comments   0 trackback

はやぶさ帰還

あと9時間ちょっと。
7年以上の長い長い旅がもうすぐ終わるね。
イカロスやあかつきが、きみを見つめている。
世界がきみを迎えるために待っている。

カプセルを送り出したら、スタッフがきみに地球を見せようと頑張ってくれるよ。
見えるといいね。
きみの懐かしいふるさとが。

きみ自身が世界一美しいスポットライトになって、地上を照らして下りておいで。

そうしたら、もう二度と飛ばなくていい。
ずっと糸川先生のそばにいて、思い出話をたくさん聞いてもらうんだよ。

今夜の空はきっと一杯になる。
きみへの「おかえり」の声で。
Posted by 若子   0 comments   0 trackback

星つながりの

本日5月21日の、朝6時58分、日本初の金星探査機「あかつき」を搭載したH2Aロケットが打ち上げられました。

ここのところ、L友さんたちと盛り上がっている話題の一つに、小惑星探査機「はやぶさ」のことがあるんですが、このはやぶさは、イトカワという小惑星に降り立ってサンプル採集を試み、今現在地球への帰還の途についています。
イトカワという名は、日本の宇宙開発・ロケット開発の父と言われる糸川秀夫博士に因んでつけられたもの。
はやぶさのことを思うと泣きそうになるので(マジ)今は雑談を。

糸川博士については亡き父が教えてくれまして、戦闘機隼の設計に関わったりペンシルロケットに始まる日本のロケット開発に携わった人だということは知っていました。
しかしこの方はそれだけに留まらない多芸多才な方で、占星術にも興味を持って本を書かれました。
AMAZ〇Nで捜したら「古書」になってたwww
「一億人分の一億」の運命算出法 細かい算出法 例によってピンボケですみません

この本は「『糸川秀夫の精密占星術』 ”一億分の一億” の運命算出法」というタイトルで、生年月日、生まれた場所の北緯、生まれた時間、その土地での明石標準時との時間差といったデータを使って自分の恒星時を出して上昇点を求め、惑星運行表から太陽と月と八つの惑星の位置を割り出すなど、いくつかの作業の末に自分だけの精密なホロスコープを書き上げるものでした。
今でこそネット上に無料のサービスも見受けられますが、あの頃は当然手作業。なかなかに面倒でしたね^^;
書き上げたホロスコープは12宮のほぼ半分に星が偏っていて、何となく自分の性格が納得できるような気分になりました。

その本を私が買ったのが、偶然にも31年前の今日だったりします。

あかつきからはやぶさ、イトカワという連想の末の、ちょっと懐かしい思い出話でした。

地球を背景にしてみた

地球のきれいな壁紙を背に。

どこに書こうか迷った記事だけど、Lなら自前の衛星を持っていそうだという、くらびーのみんなとの話題を思い出したので、このブログに置きます。